マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



旅は楽しい。

日常から離れ、ひとり時間を忘れ、興味と冒険心の赴くまま、はじめての街を闊歩する。


ところが、幾度となく同じ国の同じ街に足を運ぶと、そこがまた、新たな日常になってしまうのです。

NAIA(フィリピン マニラ ニノイアキノ国際空港)の、いつもの税関スタッフに挨拶をし通過します。いつもの空港保安員に笑顔を浮かべ出発ラウンジ階に駆け上がり、ここでもまたいつものガードマンに挨拶して、客を送って来たタクシーを捕まえてもらい、ホテルに向かいます。









当然のようにロハス大通りを走り、「母国に帰った安心感」とは違う、変な慣れが旅の感動を薄くします。仕事先の都市で、電車の車窓の外に流れる景色を眺めているようでもあります。



最近は、フィリピンへの日本人渡航者の数も随分減りました。

そしてフィリピンに滞在していた日本人でも、この国から去る人が増えています。


そして………一人の男が消えました。


幾人かのサイト仲間から2~3万ペソづつ漁り集めたあげく、ぷつっと携帯が繋がらなくなって消息を絶ったと言います。

「そこまで追いつめられながらも、虚勢を張っていたのか?」と想う一面、年末に偶然出会った際、私の電話番号を人伝えに聞いて来たのは、何だったのか?

いったい彼はフィリピンに来て、移り住み、何がしたかったのだろう?


私は気の向くまま、心の赴くまま、何ものにもとらわれず縛られず、フィリピンも旅先のひとつの国とする、旅人であることを"よし"としましょう。










全然関係ない話ではありますが、最近ホテルで旨いもの作って食すことが多くなって来た私め。NHKの番組を見ていて『ためしてガッテンだ』と見ていました。


『フライパンの使い方』であります。


料理は『強い火力で短時間』と思っていた私からすると、目が点であります。


「ふむふむ………」


ジューシーな焼き加減で皮はパリパリのソテー法と、冷めてもシャキシャキの野菜炒め法。

「これを知っただけでも随分料理の味が変わる、マニラの日本料理店もあることだろう?」と勝手に想いながら、この焼き方は「韓流焼き肉でも、ビーフステーキでも使えるな!」と………。

寒い冬で炒めた油が固まることも無いフィリピンでは、応用も多々有ることでしょう。




新技発見!フライパン驚きの調理術





追伸:まさかとは思いますが、冷凍のお肉を凍ったままフライパンにのせて、調理開始をしないでくださいね。

また、いつ訪ねてくるかわからない訪問者のために、冷蔵庫でドリップたっぷり出きった肉もいけません。

どちらも調理法以前の問題です。


















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/943-411af634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。