マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




写真はマカティにある給食スタンド。
商業ビルが乱立するこの辺りでは、昼食時間帯が集中して、混雑することが多いわけです。



昨日のアンヘレスの焼き鳥屋さんの開業資金が200万円とも300万円とも聞いていましたが、その多くは建物にかかったという話です。






マカティのフードサービスボックス





赤い部分の建物は、焼き鳥屋としての機能にはあまり関係のない部分です。
調理としての『焼き場』は屋外に設置されています。客の食べるスペースは店舗の後方の長屋部分です。
突き出した瓦屋根部分の赤い建物は、日本を演出するだけの目的の空間です。
カネを掛けた大方は、この部分を作るために使われています。


それに比して、マカティのこのフードサービス用のボックスは、写真からもわかるように合理的に出来ています。
ユニック車で簡単に吊り上げて移動できる程度の構造と強度で、鋼材と鉄板を材質として出来ています。
海上コンテナの強度ほども必要はありませんから、これで充分です。








ハンバーガーショップの構造はもっと簡単です。
鋼を少なくして鋼板による面のボックス構造で強度が保持されています。

日本でもミニハウスや工事用事務所が、同じような構造で40万円程度の価格でしょうから、フィリピンならもっと安く作れることでしょうね。







バタンンガスにて撮影





これらのフードサービス用のボックスは、日本やタイと違って電気設備と給水・排水設備の無いものも存在します。 

夜開かなければ電気も必要としない。その場で調理しなければ給排水も要らない………ということなのでしょうが、夜間も営業していますし、調理も行なっています。

飲食物を提供する店であっても、フィリピンは、衛生基準や設備基準についての縛りが緩いんでしょうかね?






セブ 大学近くで電気設備もあります






屋台文化のタイでは、軒下を借りる母屋の水道設備と電気が使われています。
散水用の水道と、小メーターついたソケットが母屋には設置してありました。

大家と店子の関係で、使用に関して契約的にもしっかりしていると思われます。
屋台としての営業インフラが街に整っていました。

水についてはマニラでは、水道をそのまま飲用に使うことには抵抗があります。
通常飲用には「ミネラル」と呼ばれる濾過水が用いられます。
水道をそのまま調理に使うためには、濾過設備が必要になります。



日本でも屋台や露店で多いのは、「たこ焼き」「焼き鳥」………。
水を用いることの比較的少ないメニューが中心です。
車両による移動販売でも、200リットル~400リットルの給排水タンク設置が衛生基準です。



設備によってメニューが制限され、メニューに見合う水の量が必要になります。

ガスもボンベで外接できます。電気は簡単に引けますし、簡易な発電でも可能です。
屋台に限らず「飲食業」の開業で一番大切なのは、この水の、給・排水設備なんですよね。






北の屋台





下の写真は、地域活性化のために街おこしで設置された、北海道帯広市の『北の屋台』です。

使うときには引き出して、使用が終わると畳んで収納できます。
博多の屋台は「引車」で決まった時間に、5センチと違わぬ同じ路上の場所を占有するタイプものです。
道路の不陸にあわせて屋台が作られているため、5センチと違うと建物に狂いが起きるのだそうです。
こちらは当然、冷蔵設備や夜間営業を前提としていて、電気設備等のインフラが整っているところが多いのです。


北海道の『北の屋台』は、空き地を使った屋台村。
朝には撤収しないと、市民生活に支障をきたすこともない模擬店です。閉店後片付けもせず帰る店もあります………。

これで4坪程度の広さと共用部分負担も含めて8万円程度の家賃ですが、冬期間は外気が入らないように、閉め切って使うことを考えれば、何も組み立て屋台構造にしてお金をかけてしなくても、雪の積載加重を考慮したボックス構造でも、十分安価に屋台を造ることは出来るはずです?
地域振興資金などの補助金を、引出すために必要だったのかもしれませんね。






収納できる構造になっていますが、収納している店は少ない





提供する商品に合わせた、機能を満たす構造とデザイン性。屋台や露店に求められる総てです。


参考に日本の「引車」に最低必要とされる設備を添付しておきます。
良くできていますね。










(つづく)








【関連ブログ記事】

フィリピンの小資本現金商、屋台・露店をチョット考える ー1

フィリピンの小資本現金商、屋台・露店をチョット考える ー2

フィリピンの小資本現金商、屋台・露店をチョット考える ー3

フィリピンの小資本現金商、屋台・露店をチョット考える ー4

フィリピンの小資本現金商、屋台・露店をチョット考える

フィリピンの小資本現金商、屋台・露店をチョット考える ー5

フィリピンの小資本現金商、屋台・露店をチョット考える ー6



















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/912-6c7c3420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。