マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が今回使用したのは、3泊4日のタイ国際航空のホテル・送迎・市内ツアー・航空運賃込みの『タイツアーチケット』です。



タイ国際航空の『タイツアーチケット』ですから、いろんなところで売り出していますから、どなたでもお安くご利用できます。














このチケットを利用して、昨年末に飛んでみました。
ホテルはこのツアー指定のホテルの中から、自分の都合で選択します。
私はソイ22 『リージェンシーパークホテル』を選択しました。



頭の中でバンコクの空港でイメージしていたのは、私の名前を書いたボードを高く振りかざした、送迎車両関係者が迎えにきてくれていることでした。



ところが『ゲートB』周辺にそのような人は見受けられませんでした。


探すこと10数分。友人も一生懸命探してくれています。



人影から声がします「Mr.SANTAですか?」












見るとトラベル会社の名前も無ければ、個人名も書かれていないボードの持ち主です。

よくよく見れば最上部のトラベル会社マークが向こう側に倒れて、裏からしか見えないようになっています。




「そうです」というと「こっちで待っていなさい」といいます。


何やら複数のツアー客を乗り合わせで、ホテルに送迎する雰囲気です。



このツアーは、最小催行人員が2名で送迎も2名分で設定してありますし、市内観光もセットです。他の1名分は追加で請求され、支払いも終わっています。


ですから『乗り合わせ』他の客をまってから…………は『???』なのであります。












2名分も支払っていますから、待ち合わせ直後に私と友人も乗せて『ホテルへGO!』をイメージしています。


友人は怒って『担当者の顔写真を添付して、購入代理店に抗議・弁済を要求すると』その場で顛末をメモし、担当者に事実確認のサインの記入を求めています。



すったもんだの末に埒があかないということで、タクシーでホテルに向かうことにしました。



【参考までに】1名ならば空港からのバスが安いのですが、2名ならば目的のホテルまでは、高速道路料金を支払ってもタクシーの方が安いのです。













問題はここから、とんだ私の誤算が発生です。



タイ語を聞くことも話すことも出来ない身としては、私は聾唖者と同じ『タイ旅行聾唖障害者』です。



以前ブログで私は、こう書き記したことがあります。



『研ぎすました観察力を武器に、自分を聾唖者だと考えればいいですよ』と












その程度で、旅行をひるんではいけません。




ところがタイでは、タイ語しか通じない人がいるのです。


『バベルの塔』の「神の怒りここに観た」です。


英語や日本語を片言でも理解しえるタイの人は、それなりに教育を受けられた方か日系企業、風俗産業に携わる人くらいでしょうか?


必要が言語を育む。です。











そんなわけで、タクシードライバーに『soi22』soi-twenty-twoが伝わりません。



22を指で示したり、文字で書いたり…………。



でも嬉しいのは、いきなり「メーター+50ペソ」だとか、走行中に「ガソリンを入れる」などと言わず、手振り身振りでコミュニケーションをとってくれて、相手の行き先を理解しようとして、目的地にお連れしようとするドライバーの姿でした。













ドライバーは『soi22』の通りに入って、英語表記のホテルクーポンを持って、道歩いている人を止めて尋ねてくれました。



おかげで無事に目的のホテルに到着することが出来ました。

感謝感謝です。



友人に【おつりを渡そうとしている】当然のことが、数時間前マニラからバンコクに飛んできた私たちには、新鮮な驚きとして感じたのでした。















【旅行聾唖者状態】 言葉・会話を訪問国で自由に交わせないこと。


タイ旅行の場合は、これに加えて三重苦、目も見えない盲目の心境になります。



というのは、公的表示やホテルを除いて英語で併記してくれてるものは少ないのです。タイでは、タイ語を『読めない』ということが『聴こえない』『話せない』に『見えない(読めない)』が加わります。














地図やガイドブックを購入される時には、タイ語(タイ文字)が、併記されたものをお買い求められた方が便利です。

日本語と英語の併記だけでは、道歩く人に示しても、彼らも読めないのです。



タイ語で併記があれば【ここ】【どこ】を、指で示してもらうことができますからね。




そして、タイにも『日本プライス』『英欧米プライス』は存在します。









関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
フィリピン?タイ?
>二の足を踏んでいる次第です

タイ語が流暢にしゃべれて、今楽しければあまりフィリピンに来る特別な理由は無いのでは?

まあ怖い物見たさで一度くらいはいいかもしれません。v-7

BKKからクラーク経由アンヘレスなんて抵抗感が少ないかもしれませんね
2007/01/10(水) 22:17 | URL | TOSHIYA #m7aaQQSg[ 編集]

あけおめです♪(^-^)v

さてさて、自分はタイオンリーなので…ちょうど立場が逆になりますが、フィリピンの方が…キイツですよね??
色々なフィリピンのブログを読んでいると…m(__)m どーもフィリピンはしつこい性格なのではありませんか?

一度はフィリピンに上陸したとは思っているのですが…ほとんど1人旅のもので…二の足を踏んでいる次第です(^-^)ゞ

2007/01/10(水) 21:47 | URL | hekoheko1965 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/696-06457759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。