マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本発のタイ航空(TG)便と、バンコク発の便では機内食が違う!などという話しを書きたいのですが、そんな話しに興味のある人はあまりおられないでしょう?



そんなことよりマニラーバンコクのエアーチケットです。







(バンコク ソイカーボーイ路上にて)







マニラーバンコク運行の航空会社は

フィリピン航空(PR)
タイ国際航空(TG)
クウェート航空(KU) 
キャセイ・パシフィック航空(CX) 
ロイヤル・ブルネイ航空(BI)

と、我らがセブパシフィック航空(5J)なわけです。





フィリピンにあっさり見切りをつければ、日本の最寄りの空港よりバンコクへ格安航空券で直行の手もあるのですが、フィリピンに後ろ髪ひかれる方は、そのようなフライト状況です。













このうちキャセイ・パシフィック航空(CX)は、香港経由なのでチョイヨッコして…………
(CX)をヨッコしたらJALのマイルが貯まる航空会社が無くなってしまいました。



ご友人ご愛用は、タイ国際航空(TG)


私好きなのはセブパシフィック航空(5J)「頑張れ!セブパシフィック」です。

何が良いかと言うと、マニラーバンコクを他社より安く長時間飛んでいてくれるのです。しかも、機内食無し、ドリンク1本コッキリ。ダイエットには最適です。



(それって巡航速度が遅い、機内食を積む場が無いというだけなんですが…………えへへ)












そんなわけで、どうしても日本の航空会社のマイルをためたい方は、スターアライアンス加盟タイ国際航空(TG)のカードか、ANAマイレージカードをお作りいただくということでどうぞ。




航空運賃は往復3万円~と言ったところでしょうか?
http://www.pdi.co.th/date/4.html



我らがセブパシフィック航空(5J)も2万円~ということで頑張っていますが、期日曜日によってはOH!というくらいの価格になります。



そこで在マニラ日本旅行会社、ディスカバリーツアーのホームページです。あれれ昨日の砂浜を歩く表紙から以前の人魚に戻っています。


まぁ~そんな余計なことは気にせずに、です。

タイ国際航空利用で170ドル++ですか。いいですね。




ところでここで想うのです。航空料金もホテルもネットでの手配の進化は凄まじいものがあります。亜細亜圏でも海外他社では、ホテルは空室情況から予約決済もホームページ上でできてしまいます。







小者が大者を制することも、ネット販売では起こりえること
システムの出来不出来が勝敗を決しそうであります

(写真 バンコク新空港壁画)







カード手数料、そんなもの接客にお一人1時間も販売時間をとられるよりは、旅行会社にとっては安いことです。

サービス、必要経費の範疇です。損得を考えれば、お客様から頂戴してはいけません。




お客様が、航空会社の空席を確認し、予約を入れて発券をmailでお願いすれば、発券前にカード決済。

eチケットチケット発券。eチケット発券できないものは、お客様の宿泊ホテルにデリバリーとなります。




日系の旅行会社にチケットを買うたび行くのもカッタルイ。行く時間とタクシー代その他が余計にかかる…………当然世界各国のネット販売トラベル会社が競争相手です。

システムの高速高度化は、時代のニーズと競争に勝ち抜く条件でしょう?


決して小さい企業が淘汰されるわけではない。余計なことですが、ある在マカティ旅行社の動向が今となって気になる所です。









「あの~  量が少ないので3倍入れてください」

「いいですよ」(TGバンコク出発便にて)






もひとつ、昨夜のディスカバリーのホームページどうなったんだろう?

どこか、どこかのホームページデザインによく似ていました。もしかして…………。余計なことは詮索するまいです。



在マニラだけを見ていると、ネットでのチケット・ホテル販売の本当のライバルは見えて来ません。大きな社長より小さくても判断力のある社長です。

顧客は値段と迅速性。ネット上での決済とチケット手配の高度高速対応システム化を求めています。





(明日は、『とんだ誤算のマニラータイツアーセットチケット』についてです。)





















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は
N社でアトリウムを予約してましたが、せっかくのフィリピン旅行であることからマニラホテルに変更しました。

N社 、D社(ここは事前に送金せねばならずめんどくさいです)より安い値段でネットで予約できました。ポイントもつきます。

この歳になるとネットとの付き合いも難しいですが、脳をやわらかくして少しでも安くあげたいですね。santaさんのブログを見てふと思いつきました。

2007/01/10(水) 20:26 | URL | 多摩 #-[ 編集]
ネットで予約・購入が増えていますね。
カードの不安というのはあるでしょうが、保証も充実して来ています。
ポイントという実質値引き恩恵もあります。

また、ホテル支払いでは直払いというホテルもあります。
いずれにしても、そんなことすら一瞬でわかるということ自体が便利になったものです。

カードでも直払いでも、旅行会社は現金を動かさない口利き業になりつつあります。
お客がホームページ上から検索し、予約し、支払った代金から手数料が入って来る仕組みです。

そうだとするとそのシステムを、お客様が使い易いように、そして迅速に安価で提供することは大切なことです。

100人の旅行業社を5人の旅行業社が上回る企業利益を上げることも、ありえるということでしょう。

フィリピンでは日系・非日系に関わらず、旅行業社が冬の時代を迎えてると聞いています。
そうであればこそ、コンピューターで使い易い便利なシステムが構築できれば、休眠旅行業社を安価に購入したり再建することも容易なことです。
実際には運営機能を日本に置いておくことも出来るわけです。

ピンチはチャンス。今こそ柔らか頭の若き起業家の伸びるチャンスなのかも知れませんね。

旅行者で有る私たちにとって、便利で迅速・安価・親切な旅行業社の選択肢が、増えて来ていることを意味します。

コメントありがとうございました。
2007/01/10(水) 14:02 | URL | SANTA #NmRVQg7I[ 編集]
今日は。今日の記事は面白く読ませていただきました。今回2月にマニラ入りしますが、セブのホテルは材マニラの旅行代理店に聞いた所値段が高いので、ネットで検索、予約しました。

次回からは旅行代理店経由のホテル予約よりネットでやるほうがいいですね。只カード番号を入れるとそれがもれないのかちと心配ですが。

ホテルの予約も直接ホテルに入れるよりネットでやるほうがいいですね。
2007/01/10(水) 11:24 | URL | 多摩 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/695-397c8925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。