マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の自動車免許証を持っていて、かつフィリピンで自動車を運転したい場合は、国際免許証かフィリピンLTO発行の自動車免許証が必要になります。

でも紙のデカイ国際免許証は、格好悪いですよね。


それにパスポートに換えて、現地住所のIDとしても活用できます。この意味わかりますよね。






[ フィリピンの自動車免許証をつくりましょう ]





それで今回は、その手続きについての紹介です。


1、最初に在マニラ日本総領事館に赴き、日本の自動車運転免許証の翻訳証明書を発行してもらいます。


必要なのは(1)日本の自動車運転免許証と(2)パスポート(3)お金です。


まにら新聞社発行の『マニラ生活電話帳』載っていますから参考にしてください。この『マニラ生活電話帳』すごくいいですよ。便利です。取り扱いは『ネモトレストラン』でどうぞ。




[ 手数料は現在変わっているとおもいます。お確かめください。 ]




パスポートは日本総領事館に入る時に必要です。もっとも外国人は常時携行が義務づけられていますがね。通常はコピーでOKです。

そこで身体検査をうけてゲートから大使館に入ります。

入ってすぐ左側に受付番号発行機がありますから、受付をしてください。





[ 受付番号発行機 ]




大使館の左の入り口が、翻訳証明や結婚の手続きの場所です。




[ 在マニラ日本総領事館 ]





[ 番号が呼ばれたら自動車運転免許の翻訳証明を申請ください ]





[ 免許証と引き換えに『証明書関係引換券』が発行されます ]






指定された時刻に翻訳証明を取りに行きます。






[ 自動車運転免許の翻訳証明書 ]





[ 領収書 このときは1050ペソでした。 ]






2、この『自動車運転免許の翻訳証明書』をもってケソンのLTOに行きます。

LTOには、ランニング、サンダル姿では入れません。要注意!



LTO ( Land Transportation Office)
East Aveneu , Quezon City






[ LTO MAP ]





[ LTOの見取り図です。NORTHERN LICENSING CENTERに向かいます ]





[ LTO NORTHERN LICENSING CENTER ]





ここで申請書類を購入しまして「麻薬検査」に向かいます。
幾ら払ったか覚えてないのですが、このとき検査費用も払ったはずです。

(この後は、お金を一切払った記憶がありません)



この方法と先に検査を終わらせてから、ここに来る方法もあるそうです。
どちらでもどうぞ!



裏門から外に出ます。「民間の薬物検査所」がありますから、検査を受けてください。体重・身長・視力、尿採取など薬物中毒はないかの検査です。





[ 薬物検査所のある通り風景 ]





[ 薬物検査の看板のあるところで検査をどうぞ ]




LTO-薬物検査1LTO-薬物検査2





戻って薬物検査結果と申請書類を提出します。
名前が呼ばれて、サインと顔写真が撮影されます。再度名前が呼ばれてフィリピンの「自動車運転免許証」が交付されます。






[ 申請・交付窓口 ]





[ LTO 発行の領収書 ]




これでめでたく、車も運転することができますね。いいことです。
さらにいいことには…………。

この「自動車運転免許証」いろんなお得な使い方が沢山あります。

「どんな使い方が?」

その質問にはお答えしかねます。 ではでわ。




(注)申請・交付窓口 を「代えることで手続きが簡単になる」とのコメントを[Manila love]にいただいています。 参考ください。[ 追記2006.7.18]



セントラルLTOは、SANTAさんが行かれた(NORTHERN LICENSING CENTER)のすぐ隣です。

ドラッグテストも、建物の外に沢山あり何処も250ペソくらい。

ドラッグテストが終わったら、11番のカウンターに行って申請書を貰い記入及び申請。
しばらくすると8番からマイクで呼ばれ、支払いをします。
その後2回9番カウンターで写真撮影とサインをします。
30分くらいで免許(IDカード)が貰えます。

ローカルLTOの良い所は、申請者が少ない為場所によっては手続きが速く済みます。
しかし、ほとんど最初はテンポラリー免許ですぐにIDカードが貰えません。
又、記載事項に変更があった場合や間違っている時の訂正などすべてセントラルLTO経由になるので時間がかかります。

ですから、最初からセントラルLTOへ行かれた方が合理的です。

あと『NON-PROFESSIONAL』から『PROFESSIONAL』へ変更するには、NBIクリアランスと当地でビジネスをしている証明が必要となります。

まあ、ビジネスの証明は「気持ち」でなんとかなると思いますがNBIクリアランスは取得しなければなりません。

『NON-PROFESSIONAL』取得後、たしか5ヶ月以上経過すれば変更出来たと思います。

{追記2006.7.19 プンプンさんから戴いたコメントを転記] プンプンさんのコメントに感謝します。




【追記2007.1】薬物検査場の場所変更と受付場所の変更について

下記リンクをご覧ください。

○ LTOで麻薬検査と自動車運転免許証の更新手続きをして来ました。

















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TINナンバーが必要になりました。
2009年9月中旬より

新規免許申請時には
TINナンバーが必要になりました。

TINナンバーとは
国税庁発行の納税者番号です。

旅行者や納税義務の無い日本人には
免許の取得が難しくなりそうです。

事前にフィリピンの住所地のBIR(国税庁)に出向きTINナンバーの取得をしておけば可能です。

尚、道路向かいの薬物検査場が無くなりました。

新しい検査場はLTOを出てエドサ通り方向に歩けば左手のビル他にあります。
2009/12/01(火) 15:44 | URL | やまちゃん@パサイ #9L.cY0cg[ 編集]
Re: ありがとうございます
http://lovesanta.blog25.fc2.com/blog-entry-713.html

も合わせてご覧ください。薬物検査場の場所がかわっています。

まず、日本大使館でやってくれる『免許証の翻訳証明』は、日本大使館で行なうことです。
日本語で行なえることです。

証明発行費用が、金額的に些少高くなっていたとしても、数百ペソの範囲でしょう?


言われている『現地の人』とは、日本人ではないのですか?


LTOでは、日本大使館の『免許証の翻訳証明』を申請書類と麻薬・身体検査書類と合わせて提出して、顔写真を撮影し、手数料を払って、発行を待つだけです。

実技試験も筆記試験もありません。書き換えです。

記入する書類も、入国審査カードを自分で書ける程度の記載内容です。

住所は、自分が間違えないような、いつも泊まるホテルや現地トラベル会社の所在地がいいでしょう。

誰かに介添えをお願いするほどのことは、無いと想いますがどうでしょう?

もし、どうしても必要なら、翻訳証明はご自分で日本大使館でとられて、現地トラベル会社に道案内と手続きの介添えを、頼まれてはいかがでしょうか?

時間とトランスポート経費の無駄がないように、あらかじめmailで打ち合わせをして、ホテルなどの手配も合わせてお願いしておけば、スムーズに行くと思われますが、いかがでしょう?
時間決めの運転手付きレンタカー代+チップで済むと思いますが………本当に難しいことはありません。MRTでもタクシーでも使われて、LTOに行けばご自分で出来ることです。

無駄なお金は、使わないようにしてください。
現地のフィリピン人の日給は、500ペソ前後です。それを基準とすれば、日本語という特殊能力を考慮しても、トランスポーターを使わない場合の謝礼額は見えるはずです。


【現地日系トラベル会社】

○ ネモトトラベル    http://www.nemototravel.com/sbc/
◯ ディスカバリーツアー http://www.discoverytour.ph/






まず、ご自分でやってみることです。やってみてください。




2009/09/11(金) 06:38 | URL | SANTA #-[ 編集]
ありがとうございます
ぜひ作ってみたいのですが、費用や手続きの概要は今でも記事のままでしょうか?

先月行ったときに現地の人に聞いたらかなり時間がかかるといわれ断念したんです。
費用がかかってもいいから早くできないかと聞いてもその方はわからないとのことでした。

こちらを見てから行けばよかったです。

偽ではなく正規の免許取得を支援してくれるような業者はいないのでしょうか?
2009/09/10(木) 23:43 | URL | im_0908 #-[ 編集]
Re: 免許について
> 住所は日本でも大丈夫ですか?

発行される免許証の住所は、フィリピンです。
しかし、居住の確認はされませんので、彼女の住所でも、ホテルの住所など、不自然な場所でなければどこでもかまいません。

> 発行までに何日かかるんでしょうか?

休日を挟まなければ、日本大使館の、翻訳証明申請から、翌日受け取り、その足でケソンLTO………麻薬検査身体検査、申請発行は当日。最短2日間となるでしょう。



2009/09/10(木) 14:44 | URL | SANTA #-[ 編集]
免許について
ちょっと教えてください。

住所は日本でも大丈夫ですか?

発行までに何日かかるんでしょうか?
2009/09/10(木) 13:18 | URL | im_0908 #-[ 編集]
現在、

日本大使館での翻訳証明が950ペソ

LTOでの正規費用が650ペソになりました。

ドラッグテストは300ペソ

メディカルチェックが100ペソ

パスポートのコピー2枚で4ペソ

それ以外に費用はかかりません

代理申請詐欺が横行していますので注意してください

LTOのアプリケーションフォームにタイプして代書&申請代行です。45分で発行されると言っていました。金額がツーフォーと言ったので240ペソ?と聞き返したら2400ペソだそうです。笑ってしまいました。

断ってLTOに向かおうとすると
今日はオフラインで免許は来週しかもらえないとか嘘ばかりです。

フィリピン人にも金額は違いますが同じ事を言ってましたのでフィリピン人の無知に付け込んだ詐欺です。

お気をつけ下さいませ
2009/07/04(土) 13:22 | URL | やまちゃん@パサイ在住 #9L.cY0cg[ 編集]
免許がお金に化ける。なんて書いてありました?
どのような意味で関心を持たれたのか?不明ですが、
他の似たようなサイトを検索しても、良いかも知れませんね。

あまりフィリピンに関しては、『お金』になる?などということには
興味を持たれない方が、外さないと想うのですが………。

ではでわ
2009/03/28(土) 11:05 | URL | SANTA #-[ 編集]
免許がお金に化ける。
記事をよんですごい。
このフィリピンのサイトは、すごいです。いろいろあります。楽しんでます。ぜひとも、フィリピンに行こうとおもいました。自動車免許が、何に、化けるとお金になるかわかりませんが、内容や記事の書き方がすごいです。
2009/03/28(土) 09:45 | URL | 福崎昭次 #-[ 編集]
お疲れ様でした。
それだけ努力したメリットもありますから。

でも日本円弱くなってるからね。PHPにというよりは米$にですよね。

でもメリットは公開で書き込まないでくださいよ。
ではでわ
2006/08/23(水) 21:59 | URL | SANTA #-[ 編集]
運転免許は簡単でしたが居住者ビサが大変だったよ。十二分時間有るから全部自分でやろうと・・・甘かった尿はともかく全検査から始まって10本の指紋、インタビュー、全工程4日間小一ケ月位かかった。観光visaから始まって14回延長して、1年のvisaその後やっとpermanent visaだもんね。
2006/08/23(水) 21:26 | URL | rin #S.9MwkxQ[ 編集]
日本大使館
結構、婚姻要件具備証明書とか観光ビザ申請とか色んな事を、大金払って業者任せの人が多いみたいですけど、書類が整えば殆ど手続きは終わったも同然ですから、一度自分でやってみるべきだと思います。

当たり前の話ですが、日本大使館ですから、全て日本語でOKです。

この前、免許証の翻訳証明とりましたが、一番はしの日本人の
おばさん親切でした。

観光ビザも申請しましたが、本当に簡単です。

2006/07/17(月) 21:48 | URL | TOSHIYA #m7aaQQSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/542-1f68c1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。