マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。















日本の近所の出前主体の料理店の店主が、他の食堂に度々来ているのです。
他店の動きの様子見と、自らの引き際の時期の判断のためでしょう。



「俺はサラリーマンをやっていたから、年金が出てるんだ」

「あと2年でかみさんも、年金資格がつく」



そういうこの店主の店は、相当数の従業員を抱えて、出前8割で営業を進めて来たのです。

ここ数年で、得意客としてしてきた事業所が、支店、営業所の廃止統合で、減少してきました。

店に来ていた学生も、少子化と使えるこずかいの額で減っています。


私もこの店には、食べに行きます。
安い割に量が多いのす。

量こそ年齢とともに欲さなくなりましたが、メインの料理に、魚、肉(ハム、ソーセージ)卵料理、総菜数点、野菜がっつり、デザートとしての果物とバランスが良くて、これが一安心を与えてくれるのです。


出前の弁当では、これにみそ汁がついて500円そこそこ。
店舗内で食べれば、30cmの大皿におかずてんこ盛り、ごはん大盛り、みそ汁、沢庵ですからね。


経費をギリギリまで下げていますから、出前の容器は回収に行きます。
冬でもスーパーカブでした。

冬タイヤがスパイク禁止になって、転倒したことを機会に軽自動車にかわりました。
売り上げが下がったからと言って、店舗を改装することも無く、宣伝を打つことも無く、静かに静かに従業員を減らして、スーパーで500円で売っていた弁当が、今は250円で販売の状況の最中で、廃業の機会をうかがいます。



『どこも同じことを考えているんだな』



同じような年齢の、同じような生活環境の同業異種の人々。
この今居る店も、営業時間を今年に入って、開店から午後3時に変えていました。


ここ数年でみんな廃業していく。そんな準備を歩んでいます。
売れなくなったからと言って、新しい販売法や新商品を検討するのではなく、年金受給をゴールとして、これを機会にスローダウンしている。
家も土地もあり、子供たちも成長しました。生活資金が確保できれば、高望み無く望みは健康な生活。
そんなことが日本のあちこちで起きてる。起きていくんでしょうね?



「おっちゃん。やめたらイカンで。俺たち困るから………………」

「コンビニも牛丼もあるでしょう?」




フィリピンに移り住んだ人々は、若いですよね。
時間を忘れたかのようでもあります。

季節の変化も少ないでしょうから、時の流れを映すのは、子供たちの成長みたいな対象とする人の変化でしょうかね?


フィリピンの特徴は、労働賃金の低さ、労働力商品の安さです。
安さに見合う労働の質。


近年、フィリピンに月収2万ペソで働くことを約束した、若き日本からの渡航者も増えていると聞きます。

「なんで?」でしょうが、日本では労使の求めるものが、互いに折り合いがつかないのでしょう?


商品の価格は、その商品を造る(売る)のに掛かる時間。
時間の価値も安い国。長く生きないと見合わないですよね。




















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2193-c1ee5553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。