マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。














ロビンソンに、奇麗な花を揃えた屋台がお目見えしたのは、いつ頃だったでしょうか?
いまでは、街のいたるところにラッピングした花が置かれていて、いつでも買い求めることができます。

花の種類も、飾り方も、つつみ方も、彩りを重ねています。




友人と話しました。


きっとフィリピンについても、日本についても、その変化に気がつかない人というのは、フィリピンに住む人も、旅行する人でも、多いのではないかという話になりました。



「観てないんだよね」

「変化に対応出来てないんだよね」



自分の周りだけは変わっていないから、気がつかない。変化に対応するまでもないです。




「フィリピンの………………」と語ってみても、変化少ないところに出入りして、しかも移動は夜の車窓からでは、それもいたしかたないのかもしれません。


せいぜい観光付随業者では、「震災以降、東日本の客が減った。」「関西方面からの観光客に標準を合わせて、店の名前を変えよう」「デザインを換えよう」ですかね?



そういう私も、日本人と考えていた対象の人や集団が、こういう言い方が適切かどうか?は別にして、フィリピンに住む「在日朝鮮人」であったということ。ということの裏を取るのに5年も費やしてしまいました。

「日本人としては少し変わっている考え方」は、日本人ではないのですから変わっていて当たり前。通称名は日本名を名乗っていても、日本人ではなかったというだけのことでありました。

フィリピンの30万人韓国人社会にも、韓国人や朝鮮民族として溶け込めない。
フィリピン在住の、日本にも朝鮮半島にも戻ることの出来ない(戻りたくない)、日本で生まれ日本で育った、日本名を名乗る「朝鮮民族」の人々も居たということです。







フィリピンの中学生が、スマートフォンを持っているとか、韓国KTVの娘たちが自分の車で乗り付け、行きつけの韓国料飲店で食べれないくらいの料理を注文し、食べ残すした料理を身入りの少ない同僚に振る舞うために持ち帰るとか、同じように見ただけの現象の変化としての、生花のサービスなんだけれど、そんなことにも変化は感じ取れます。



『こんな値段の花が売れるんだね』

『こんな種類の花が出回っているんだね』

『包装資材も多種ですね』



需要があるから、多種多様の花が出回ります。
客が求めるから、飾り方やつつみ方、包装資材が豊富になります。
高額でも花に想いを込めて送る人、送りたい人、送る機会がある、送れる価格帯であるということですね。
奇麗な多種類の花を育てる人、商う人も増えています。




当然、どういう人が、どのような価格帯の、どういう目的で、この花を贈るのかに興味は抱きます。

聞く、知る、フィリピンの市民生活の今を知るです。


経済状況の変化による、中流層の層の拡がり。
メトロマニラ周辺では、フィリピンが随分変わって来ています。





「いや~ 日本も市民生活、社会生活変わって来ているぞ~」

「そうだね」




















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2191-0968ef7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。