マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

















暇な店は、いくらかでもお客様を増やそうと、あの手この手の企画を行います。

この店では、注文した飲み物と食べ物に応じて抽選券がもらえるのです。


「また外れた!」


別にぬいぐるみなんて欲しくはないのですが、当たらないというのは、それはそれで悔しいものです………………それが、1時間置きに抽選が行われるので、結構これはこれで店内イベントになり、客の盛り上がりをみせるのでした。

まぁ~ 当たったとしても、近くに居る娘にでも差し上げて、喜ばれるのが落ちなんですけどね。 


この店に来る前に、少しばかり徘徊して来て、お腹がすいてピザをとってしまいました。


「おーお、ピザ」 値がいいのか? 抽選券が多く来ました。



この頃になると一緒に居た酔客も帰ったのか? 遠くに居た娘たちが寄って来ました。





ほどなくライブバンド演奏開始。

曲は、複数の曲なのですが、単調かつ激しいリズムの音が続きます。


「疲れた」

聞いてるだけでも疲れるのですが、歌っている3人の女性ボーカルのうち一人だけは、激しいリズムに合わせて踊りっぱなしです。
ほかの二人はステップを踏みながらも、そこまでもなく身体を動かしながら歌っていたのです。



90分も続いたライブステージ。横に座った二人の娘も変化をみせていました。


激しくも単調なリズムとは、激しい太鼓の音に合わせて、アフリカのマサイ族の、あのただ高く飛び上がるような踊り。


祭りの音とリズムと恍惚感。




単調で激しいドラムの音。それが終曲にむけて早くなって行きます。


「トランス状態になるだ?」


『ライブバンドの音楽でも、トランス状態になるんだ?!』



自他ともに可愛い娘は、無反応………………正確に言えば遅漏気味。もう一人の娘と比較すると一時間の起動差がありました。

そこで飲んでいる席の入れ替えで、横に置く娘を差し替え、反応を見ます。



一人の激しく歌い踊り続けるボーカルの肢体を見つめながら、一人は一緒に激しく歌いながら身体を動かしています。



ぽつりと恥ずかしそうに一言 「熱くなっちゃった。」






今年友人に、泉州に来るように言われているのです。
岸和田のだんじり祭りです。

山車をひいて激しく走るこの祭りと、周囲の声援と歓声。
男も女も祭りの全期間を通じて、燃えると言います。



男と女が燃える。


2012年。今年2月のブラジル・リオのカーニバルでは、5日間の祭りの期間に州政府が無料配布したコンドームの数は、実に300万個。

祭り。単調かつ激しいリズムと音楽。燃えるんだよね。
子宮で音を受け止めることのできる娘もいるんだよね。


我が年齢からすれば、五月蝿いぐらいの音とリズムを、子宮を貫く音として感じる娘も居る。一度そんな状態になると、恍惚状態に入った女性が、息を吹きかけられたり、声をかけられるだけでも反応するように………………。



「店を換えよう!」



移った先は、大きなBBQハウス。BBQハウスなのですが、そこでもスピーカーから大きな激しい音楽が流れていました。



腕にしがみついて、両足を強く閉じて、おかしな表情を見せます。




『今日は、萬月だったかなぁ~』
『満月が近いのかな?』



良く顔を見ると、唇は確かに友人の言っていた形。



そう。フィリピンに限らず世界女人人相学。月の引力による人間生体にあらわす影響………………等々。面白い話に華咲かせた、過去のフィリピン仲間の酒席が思い出されます。



今は聞けないですね。そういう含蓄ある大人の遠足話。



やっぱ9月は、岸和田に行くか!


















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2184-8ceaa62b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。