マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

















酒に強い人は居る。

また、幾ら飲んでも酔わない日もあって、それが良いのか悪いのか………………。
床につき天を仰いで、”天動説”酔いを実感することもある。



そんなことで酔っていました。
酔っていたのですが、出されたサバは美味かったのです。



「これで塩が利いていたら、もっと味が引き立つのに………………」



ですが、世は減塩・低塩傾向。
血圧だ、長命とせねばと、塩少なくうまみ引き出されることなしです。


塩を一振りして焼くのと、焼いた魚に塩するのでは、味が違うのは当然ですが、郷に入りては従うしか無い。塩をかけて食します。



「ごはん食べますか?」



いえいえ結構。これで美味い汁と一菜があれば十分なのですが、それすらも入るような体調ではありません。

ただ根が卑しいので、味見をしたかっただけなのです。



ということで、案内して頂いた韓国料理店で、美味いサバを頂きました。



ショートボディサバ。

Aguma-a (Bikol, Visayan), Asa-asa (Pampango), Hasa-hasa (Tagalog, Visayan Banton), Chub mackerel , Kabalyas (Bikol, Tagalog), Linchay (Tagalog), Luman (Kuyano, Tagbanwa), Masangi (Tagalog), Short-bodied mackerel , Tulay (Tagalog)

ここでは、Hasa-Hasaと紹介しておきましょう。




以前LA Cafe前の韓国料理店で食べた時には、なかなか売れないのか? ラップにくるんで匂い移りと乾燥を防いだものを、よく低温解凍もせずに焼かれた、ハゲハゲ焦げ焦げで、味見以前に水産国日本の民としては「美味い美味い」と食べるLA娘でしたが、本当に美味い魚を食べさせてあげることが出来ずに悔やんだのでしたが………………。


あるんですね。売れてる店。仕入と保管状態の良い店。
現地日系の料理店でもこんなものは出て来ません。



「そりゃ高級な日本食料理店で、サバはないだろう!」ですかね。



高級そうに見せているのは、店の作りと器、日本風の衣装を着れば高級だでもありますまい。
高級と高級風の見境つかぬ客多くして繁盛かなです。




そこで何が言いたいのかといいますと、マニラでも美味いものを知っている人はいるということです。

何処の店の何々が美味い。 その店の、何々をこう料理したものが美味いということを知ってい人。案内する人。もてなしてくれる人。そんな舌をお持ちの在住者も旅人も居るということですね。

類は友。そんな機会を与えてくれたことに感謝です。




大人の遊園地。大人の遠足。

あの娘がどうのこうの、「フィリピンは」………………、「あそこは安い」そんなことは見れば解ること。安い高いも人の懐、奥行き次第、手盛りの砂山も見る人で高くも低くも見えるもの。快も不快も人それぞれ。それぞれの人に委ねておけばいい。「解説、講釈無用、日本人ポンビキオヤジめ」です。







そんなことより、どこそこで、こんなものが美味く喰えるよなんて、知恵を頂いた方が感謝感謝の雨霰。




美味い肴、うまい酒があれば、旅の話は自ずと弾むのです。

















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2179-223be14a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/02/22(水) 11:57:51 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。