マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。















友人がつまみを作ってくれました。
それを持って馴染みの店へ。


味見あじみです。


「美味い!」


安価な材料で、私的には風味に掛けるものもあるのですが、原価が原価。
しかも造ってから時間が経過し、タッパウエアーの中で揺られて保管されていました。


「提供は、1~2mmのバターを載せて風味付けですね?」


ということで、フィリピン人の反応を………………ということでお裾分け。

これがとんでもない状態を醸し出します。


美味いは当然なのですが、そのソースに、どこから持って来たのかフライドチキンをからめて食べるボーイ君然り。

さらに道で花売歩く少女や、ピーナッツ売りの少年然り、窓越しの店外では騒然と成っているのです。



これには参りましたね。


ただ誰一人、独り占めしようとする大人も、子供も居ないのです。
回してまわして、少しずつ小皿にとる、手にとるで食べているのです。

そこで、ちょいと心が反応しました。



少年や少女がお腹がすいているのは解りましたから、店の中に誘います。
手を引いて入れようとしますが拒みます。


「オマエが怖いんじゃ!?」


そうじゃなくて、そこは大人の世界。
そして普段から、入店販売には厳しい指導と体罰が行われているのでしょう?



それじゃ外で食べようと着席させます。


運ばれてきたフライドチキンを凝視し、指をくわえて行儀よく?『貧待』しています。

ごはんが運ばれて来ました。



「食べていいよ!」その言葉を機会に、さぞ空腹状態であったことが伝わります。



『喉が詰まるな?』そう思って水をあげてくれと頼もうとしたら………………。



店から、レモネードが無料で差し入れられたのです。




馬鹿な親父。

店の、この簡単なレモネードに喜び『今日は両替前だから金がない。』
女の子も呼ばずに、レディースドリンクも無しで行きましょうと心誓って居たのに………。



嗚呼ーあ。この無料のレモネードが、一杯1000ペソの経済効果をこの店にもたらしました。




楽しかった。 
楽しいからはじまる、マニラの夜の始まりです。


















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2173-b880cd26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。