マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

















暫しして、肉が到着。


口に入れて頬張るも、マニラでも食べれる程度のもの。
昔は、赤色白十字の店で食べていたのだが、その店とも価格、質、量とも大差はない。

良かったのは、焼き加減くらいか。

友人言うところの「2000円出したら日本じゃオークラレベルのホテルのレストランで、和牛を最高の状態で食べさせてくれますよ」であります。



ビールがススム。

横には、中国人男性が席に居た。
しばらくして連れと思われる男性たちが、荷物を抱えて同席した。

ヤクと北朝鮮製偽札の運び屋だ。





嘘だぴょ~ん。


いずれも身なりはこざっぱりとしていて、マニラでも星の多きホテルにも居そうな中国人中年男性。

最初に居た男性の横では、彼の i Pad を自分の物のように使い慣れた手つきで楽しむ娘が居ました。

後から来た男性たちも、それぞれ娘をつれていて、これがこざっぱりとして衣服もごく普通の一団です。 これから一緒に昼食を食べようと集まったのです。



彼女たちもGOGOバーに勤めているか? 勤めていた娘たちなのでしょう?

しかし、外見や物腰から、飢えたところもなく、不快な表情をするでなく、遠くの席にいた欧米系の男子の連れている、ケバい女性や生活状態を伝える衣服、履物をまとった女性とは、印象的に明らかな違いをみせていました。



アンヘレスでも経済格差を感じますね。

世界は経済的に悪い方向に、滝壺に落ちる水がごとくでありますが、中国・台湾、韓国の経済発展。
それぞれの国からクラークに乗り付け遊ぶ旅行者。富裕を感じさせる一団です。



かっての、フィリピンに遊びに来た日本人はカネを持っていたと聞きます。

旅行者=散在してくれる人。こんな図式が成り立った時代の話です。

ホステスのみならず、レストランのウエイトレスにも、500ペソ、1000ペソをポンとチップでやることを苦にしない人たち。

数日の旅行で、数十万数百万円を使い果たして行く人たちが、多く出入りして居ました。



今では、やれ「鴨オヤジだ」なんだかんだと言う人が居るけれど、鴨でもなんでもなく、普段日本でも銀座やミナミ、中州やすすき野で同じように金を使い遊んでいる人なれば、池の魚に餌やるごとく、可愛い子供に駄賃を与えるがごとくです。


西成の亀さんが、マニラのレストランに行った時に「フィリピンじゃチップを置かんといかんのやろう。幾らや? これでいいか?」と言って1000ペソを、テーブルの上に置いて行こうとしたのを思い出します。

鴨なのでも、フィリピンに無知なのでもなく、普段自分が日本でしているようにしているだけです。





「フィリピンで日本旅行者と言えば、バッパーみたいな人が増えましたね」



そう話してくれる在比日本人生活者。

日本からのフィリピン旅行者が、今後横ばい、もしくは万が一、増えることに成ったとしても、かっての渡航者のように星の多きホテルに泊まり、日系のサービス業にカネを落としていることには、成らないことが見えて来ます。

日本人旅行者の増加に期待するむきもありますが、安い航空券が手に入る機会に渡航してみようと考える旅行者とは、滞在旅行生活的にも、合理的に金を使い、目的外の無駄な散在はしないことでしょう。 

日本からの渡航者への期待は、残念ながら在比日本サービス産業利用客の増加へとは繋がらない。

万が一、客の増加に繋がったとしても消費する顧客単価は低下する。今がそのことを示しています。





マニラで金回りの良いと言われる経営者が、囁きます。


「取扱高は、私のところが一番です。」



別なひとが、その前に耳伝えていました。



「最近はあそこ、売上や利益額推計で、業績を語らなくなっているんです。」



経営者は、私を安心させようと語ってくれたのか? 少し心配にさせる言葉でありました。
















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2165-85490a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。