マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。















久しぶりのアンヘレス。


いや~ 浦島太郎状態でしたね。



フィリピンのどこへでも。いつも通っていたら生活で日常です。
日常であるほど、徐々に変化に慣れて行き変化にも気がつかないものです。

友人がNAIAに降り立ち「気がつくといつものように目的のホテルについてしまう」という言葉にあるように、慣れは………旅ではありませんからね。




そんなんで久しぶりのアンヘレス。

3~4年が経過しましたか? たったそれだけの年月で随分と印象が変わりました。

過去ログで紹介したことが風化して、寂れていました。
かって立ち寄っていたところに足を運んでみましたが、閑散となっていました。

ああ~ 街自体は発展してるのですよ。ホテルも大型化奇麗になっています。
レストランもしかり然り、しかし然しバリバゴの話です。





航空路線の新規開設や、交通インフラの整備などで環境も、年々変わっていますね。
それに伴ってアンヘレス、スービックに立ち入る人の国籍や数が変わって行きます。




飲食店やサービス業の顧客対象も、アンヘレスでは日本人はオマケオマケ………………変わって来ましたね。

これならやはり、バリバレのほうに日本人が流れているのも納得です。






『マニラから日本人旅行者が消えた。どこに行った?』

答えは、フィリピン人と結婚した人は田舎へ。旅行者はスービック湾バリバレですね。



今後、クラーク空港の重要度が増し、ノースルソンの高速道路網の整備が進むにつれ、アンヘレスは都市化して、遊びはバリバレへということに増々なって行くことでしょう。







昼に到着して3軒食べ歩きの予定が、あえなくも一軒目の店で頓挫撃沈。
食い物というのは、お腹に限りがあります。

かとて、一品だけとって数人で食べるというのもなんですし、品数を注文しないと写真も撮影できないわけです。

以前タウン誌の記者が話していた「一日3杯が限界。取材だと伝えてあるから食べ残せないし………………」確かにそのとおりです。




そんなホテル付帯のレストランで見た光景は、こんなところでも『格差』です。

国勢と言うか、同じ年代の多国籍な人々でも、国の経済力のある旅行者と、そうでない国の旅行者では、見てくれからも明らかに違います。







腹一杯の状態を解消しようと、昼12時過ぎでも開いているGOGOバーへ向かいます。



「いらっしゃい~」と客を迎える娘たちの横を通り過ぎて、常連と思しき一人の老退役軍人が奥のテーブルへ向かいます。



「町会ですね」




朝起きて、昼食時間になって同じような年齢の老人たちがあつまって、会話を楽しんでいるのです。

女を呼ぶことも無く、まっしぐらに常連の集うテーブルに。席についてビールを飲む。
この町に留まり住むに至った老人たちの、一日の始まりです。













コメントおよび電話、Mailで、いろんな意見をいただいています。
感謝です。

既に書いてあるように、私としては特定は完了です。




まぁ~読者諸氏が、実際にそれぞれの『憶うところ』があれば、ご自身で不意に憶う場所へ訪問してみてはいかがでしょうか。

見て感じることです。大切なものを守りたいのであれば、言葉以上に、其所に座り観察し変化を感じるべきでしょう。向かいの建物に座するのも良い。来る人々を望遠レンズで撮影するのもよしです。

連絡をして其所に行くのではなく、連絡をして呼び寄せるのではなく、其所に居てください。


何時間座っていれば、貴方のもとめるお相手が其所に来るのか?


きっとその変化に、これまでと違うものを感じることでしょう。





さて「晒された」とコメントをいただいた方へ

貴方のコメントの付け方は、『公開』です。

私が承認すれば、すべて出てしまうことです。
あなたはそのことを理解してコメントを『公開』で投稿しているのではありませんか?

次に届いたコメントも、固有名詞、団体、個人名が羅列されています。
これも私が承認すれば公開されるコメント文章です。

ですよね。




あえて塗りつぶし、貴方の発した文章に、要らぬ誤解的影響で災いが貴方に向かわないようにしたコメントの転記を、『曝し』などと感じるのだとすれば随分認識が違うようです。

また私の、関して記述した全文を『自分にむけられた』記事と思っていられるようです? そのような判断や思考法を、私は理解出来ません。
論旨を読み込んでください。このブログは貴方だけが読者ではないのです。




確かに叩き台としてはいますが、私の書いた文章が「自分にむけられた」と感じるのは、読解的に疑問です。
きっと貴方には、私の書いた文章が随分と違うものに見えているのでしょう?



また貴方が言う「某社がセキュリティーは万全だ」とするなら、今回の問題は発生していないのです。

今必要なのは「セキュリティーは万全だ」という言葉で、起きた事象に目をつぶり隠蔽するのではなく、ことある毎に「セキュリティーを万全にしていく」です。



ある場所を、ある人を大切に憶っている人々が、これから確認と検証のために向かうことでしょう。

愛する。理解する。ということは無批判的に隠蔽、黙認するということとは違うことです。
愛して来た。理解して来た人々だからこそ、感じとれる危機もあるのです。




望むならば、コメント公開します。
しかしハンドルネーム自体が、すでに他の人のものであることを理解すべきです。
これは、無自覚的か?作為的か? は別として、ナリスマシコメントになっているのです。
従って公開を求められるのであれば、IPアドレスも含めて公開しなければならないのです。

ご理解ください。




















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2160-6c47fddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。