マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

















「以前の撮影作風に変わりましたね?」



そうですね。その時折の状況で使い分けて行きましょう。




テーマは、『女を買い喰う』ではなくて『女が買い喰う』です。
別に男でも、子供でも、老人でもかまいません。
露店で売っているモノを買い、道歩きながら食します。



フィリピンの至る所で見られる光景です。


日本でも祭りの屋台で買ったモノを、買い食いする。楽しい思い出です。
そして瓶に入ったジュースを、ビニール袋に入れてストローを刺して渡してくれることは、日本でもありました。

甲子園のカチ割り氷なってのも、この頃のままですよね。



瓶が高価で、回収して再利用する。
瓶を買い戻してくれる、日本の再利用=リサイクル文化の頃のものでした。

牛乳を近くの農家に買いに行く。
こんな場合は一升瓶下げてでありました。


瓶とペットボトル、飲み物の味が違うんですよね。
キリキリに冷やしてくれた、瓶入りジュース。銭湯で飲む牛乳やフルーツ牛乳美味かった。



フィリピンの買い食い文化。
これを外してしまうと、商いも外します。

安ければモノが売れると考えがちですが、あっちでこれを買って、こっちであれを買って………………。


安いもの、美味いもの、そんなことを財布と相談しながら買うのが楽しいのです。
彼女の場合は、フライドチキンとクラッカーとジュース。昼食です。


好きなものを好きに組み合わせて、お腹を満たし喉を潤す。
これが買い食い。屋台文化です。



フィリピン屋台文化の障害になっているのが、衛生設備基準。
納税や申告は、国民・市民としての当然の義務なれど、衛生設備基準を満たすことはもっと大切です。


その場で調理しないで、基準に合格した場所で調理したモノを、保温や容器毎再加熱で提供すれば、あとは納税証だけの問題です。
容器を移し替えるのは、調理ではありませんからね。
簡便な屋台でもOKです。



頑張れ屋台業者です。












「この人、トラベルでしょう。」

『 ? 』



「この人、トラベルだよね?」

『 ? 』




「 どの人? 」


「 この人 」




『 ! 』






写真を見ていました。

マニラで撮影した写真を、WiFiのあるレストランバーで整理していたのです。

その写真を覗き見ていた、娘の一人が言いました。




「この人。ネモトの人だよね。 纏と大虎でよく見るよ。」




『そういうことなんだ。ふ~ん。なるほど』




















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2156-01820df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。