マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



















フィリピンの快適旅行。

まぁ~ フィリピンに限らず快適生活の基本は、軽装備ですね。



NAIAに降り立って、タクシーの運賃を気にされるのなら、メーターの動きを見て判断されればよろしい。

NAIA1,NAIA2いずれも、空港タクシー(イエローキャブ)でマニラ市方向に向かうのであれば、ロハス大通りとの交差点。
コスタルモール交差点のあたりで、100ペソ。
これが判断基準です。


そこで既に100ペソを超えていれば『上がるぞ~』『ぐるぐるメーター廻るぞ~』と考えたらよろしい。

程度もありますから、些少であれば………………というご判断をば。
何れにしても、今まで正規料金の3倍までふっかけられたことはありません。
通常の流しのタクシーも正規料金上がっているしね。

このタクシーも料金が気になれば、軽装備なら他の交通手段にすぐ乗り換えれます。






フィリピン滞在生活で、ホテルだけがマニラ並みの価格で、メシはそこそこの価格、遊び・探検は誰でも一人で大手を振ってというのが、アンヘレス・バリバゴです。

アンヘレスのホテルに関しては、地方都市の傾向である同じ程度の品質で、マニラの1/2程度の価格で提供してくれるホテルは幾らでもあります。

ホテル予約サイトには出てこない、ホテル自身がネット予約を提供しているホテルもあります。


また、予約何ぞを入れなくとも泊まれるホテルがある。これは実際にフィリピン旅行をした感じです。






『アンヘレスでステーキを』こんな話を知人と最近しました。

「マニラで同じ程度の価格で、同じ程度の味・品質のステーキを食べれればね」ということで探す捜すですが、どうもステーキはアンヘレス並が見つかりません。
600ペソでガツンとは行きませんね。



メトロマニラでは、変に高級感を表に出した店が多くて……………店を食べに行くわけではありませんし、日本と同じ価格で食べるのであれば、日本にうまい店は幾らでもありますからね。

やっぱこういうのは、欧米人が多く集まり英気を養うところにアリですね。




「マニラは地代や家賃が高いから、食べ物も高くなるんですかね?」



そういうと事情に詳しい方が「それは違う。土地や家賃はその場所が稼げるかどうかで決まる」と言っていました。

日本でも地価の評価は、確かにそうですね。


アンヘレス並の価格と味と質のステーキ。なかなか見つけられません。
プールサイドでゆっくりと、安くてうまいステーキを食べる。
ステーキ以外でも、ボリュームや取り合わせ、盛り合わせ日本人的常識、し好に敵った店が多数あります。
ちょいと走ればハーブ農園直営のハーブ料理専門店もありますしね。

野菜を喰わせて肉を喰おう………………なんのこっちゃ!




アンヘレスへは、NAIA1~3に降り立って、NAIA3近くのバスを利用する手もあるのですが、メトロマニラをバスで走るのは渋滞で時間が掛かります。

それでLRTやMRTを活用して、メトロマニラを横切ってバスに乗るんですが、この場合LRTやMRTを活用する時に問題となるのが、手荷物の寸法。

やはり、糞転がしのトロリータイプを避けて、肩にかけたり背負える程度の荷物がよろしいですね。


まぁ~ マニラに前後泊をするのなら、ホテルに預けて行く手もあるのですが、意味ない逗留もなんでしょう。

旅行は軽装備に限るのです。




写真のお父さん。フィリピン流のリュックのかつぎ方です。
かつぐというより抱えるですね。

背負っていると、気づかれずにファスナーを開けて、物品を失敬する人も居ますからね。
バックの荷物を気にしていて、両手がふさがったところに、ポケットに手を入れて来る子供も居ます。これまた困ります。



「ポケットに手を入れて何してる?」


「貴方ひさしぶりだから~」



「ちゃうちゃう意味違う」




汚れた衣服は洗濯屋でも、ホテルでも、自分でされるのも結構です。
粉石鹸はどこにでも売っています。
しかも一回分単位で小包装の洗剤が、コンビニでも雑貨屋でも、そんじょの軒下でも買えます。フィリピンの生活者に必要なモノは、どこにでもあります。

乾きやすい衣服であれば、予備はいち二枚。

軽装備が快適に旅行を続けれる秘訣です。

 

















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/27(金) 21:06 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2154-6bb8707c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。