マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



















十年一昔とはよく言ったもので、フィリピンにまつわる私の周辺環境でも、フィリピン興業者の日本入国制限と、日本も巻き込んだ国際経済の混乱と悪化や、なかでも東日本大震災と福島原発事故を区切りとして、変化をとらえ返すことができます。


五年くらい前からのこれら頻繁に発生した節目は、フィリピンにまつわる知人友人の変化の結節点でもあります。

今では、現地フィリピンにでも訪れない限りは、『フィリピン』という単語さえも、会話には登場しないのです。


ここに、昨今フィリピンに立ち入った人も含めて、現地に居る人通う人と、日本に居るかってのフィリピン旅行者の間に、温度差を強く感じています。




日本社会生活でのそれぞれの経済的基盤の変化や低下を背景として、フィリピンから足が遠のいた。というよりは、フィリピンが楽しくなくなった。違う楽しみに興味が向いたということでしょう。


フィリピン人を親族に迎えた人々も然りであります。

フィリピン人を妻、夫にもった人々でも、フィリピンに行き来する理由も無ければ、経済的に高収入を獲ることのできる国で過ごし、快適なる国で過ごす。そういうことですよね。


群れとしてではなく、個々人として人生を楽しまれています。





フィリピン現地で出会った日本人も変化が起きています。
正確に表現するなら、またもや変化した。です。

知っているはずの人の名前を忘れたり、突然思い出したり………………。
ひょっとして健忘症や認知症になったのか? との疑いもあったのですが、そうではないのですね。

事象、状況に対して、後から意味付ける。解釈(解釈替え)をする。どうもそういうことのようです。



知り合えた人の評価や関わりを、その時々の置かれた立場や経済的基盤から、解釈替えがおきるために、知っていた人を「知らない」と言ったり、突然思い出したり、評価が変わってしまうのです。

変わったのは、忘れたり思い出したり………言い換えれば「知らない」と言ったり「知っている」と言う自分の方で、立ち位置、立場、有利不利、損得で、知っている人も関わりも、変化(ヘンゲ)しているのだということです。



自己都合型健忘症。認知症。

嘘も方便とはいうけれど、方便の向かう先は、何を目指されているのか? は不明です。
これまでもそうであったように、これからも『条件反応』というべきものかもしれません。



状況の変化に伴って、生き方や立ち位置が変わることは、人にはよくあることです。

しかし、自分の人生やその時々に考えて居たことまでも、後から意味付与、解釈替えをするということは、悲しいものがあります。





人生至る所に青山有り。

亡くなった敬愛するひとの口癖です。
ご自身の考え方や生き方を大切にするゆえに、何処でも暮らせて、生きられるということです。
生き方、考え方を変えないためは、何処でも自分の合った土地や国で暮らせばいい。
それが其所かどうかです。



生き方や考え方を、後から解釈替えをしたり意味付与しても、自分では本当のところを知っていますからね。


いや、本当にご自身が、都度つど変化しているのを、気がついていないのだとすれば、これまた悲しい。







十年、ひと区切りであります。

来年も、興味のあることに首を突っ込んで、旅歩きますよ。

来年もお互いに、旅を楽しみましょう。






















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2143-ee92ac0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。