マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フィリピン全学連。大学構内を占拠。

嘘だよ~ん。ラムシャブの店を建築中のひとコマです。
新年会は、ラムシャブ行きましょう。












無理が祟ったのか? ちょいと伏して居ました。

このまま「新年をお迎えください」もありでしょうが………………。
さりとて年末ギリギリまで書き続け「来年は良いお年をお迎えください。」と書いた翌日に「新年あけまして………」もなんとも形式儀礼的です。


そんなことで今年を振り返ることもなく、求められていたコメントにだけ、とりあえず応えて行きましょうね。




トンカツは何故黒く堅かったのか?


それは二度揚げしたからです。

言われているトンカツは、店の集客数を増やすための方策が施されたようです。
一定時間に集中するお客様を逃さないようにする。
そのためには、お客様を一人でも多く収容する工夫がされたのでしょう?

そして調理時間を短くするための工夫が、二度揚げ。
一度揚げたものを、揚げたてのように見せながら、短時間で提供するための工夫なのでしょう。

それは汁物でも然り。みそ汁が、ミソ味の薄い汁に変わっていたとすれば、コストを下げて利益を上げる工夫なのです。「味が薄い」と言われれば塩がひとつまみ増やすことで、対処がされることでしょう。


客も店も彼我の関係。
それで『美味い』とされる客が居て、それでヨシとされているのです。

工夫が有れば、カツだって半殺しって手だってあるのですがね。
総じて言えば、フィリピンの商売環境というのは、難しくなっているということの象徴です。

まぁ~ カツに関して言えば、豚肉が箸で切れるほど柔いわけもなく、数年前に書いた真空水含加工です。もともとはチキンなどの抗生物質まみれの臭いチキンを、真空タンクに入れて空気を抜き、一瞬にして水を入れ肉に水を注入する方法の豚版でしょう。

匂いが薄まり、柔らかい、カサが稼げるという食肉加工法。

豚などは、豚肉本来の味がしないために、胡麻をすりソースに加えて、こだわりトンカツの名で売っている店が日本でも多くあります。

みんな利益をあげ、錯覚味覚を刺激誘発するために苦労しているのですね、









食い物屋に関して言えば、フィリピンでは昨今、そんなことが目について来ています。


『アサリの味のしないアサリのみそ汁』

『魚の匂いのするキュウリの酢もの』

『くず肉だらけの牛丼』

『くず米混ざりの、小粒なごはん』


言うまでもなく貧すれば鈍するで、顧客の減少で収益の確保が難しくて採られた「工夫」なのでしょう。

その結果が、アサリだけを茹で(蒸す)て口を開いて、小分けし冷凍保存をかけ、注文の都度みそ汁に、出しの抜けたアサリを入れた。

魚を〆るのにつかった酢を、酢ものに再利用した。

焼き肉などの生肉のロスを、たれにまぶすことでハロハロさせ、牛丼、焼き肉定食として転用した。



いずれにしても店と客の彼我の関係。
その代金にしてその品で、良いとされる客が居て、店が成り立っているのだとすればよれもありです。

『日本料理店』『日本食』………その名だけで、王様の衣服の見える市民は居るものです。




許してあげてください。同じ日本人なんだから………………。

「でもないか?!」

許してあげなさい。同じ『日本語をつかうことの出来る、かって日本に住んでいた』移住者仲間なんだから………ですね。






「美味しいかい?」

「美味しい!」



美味しいと思って食べることが何よりです。知恵の悲しみなんて知らない方が幸せです。






さて、市に問い合わせた件に関しては、清水タンクと汚水タンクの容量の問題でしたね。

額面通りではどうこうですが、担当者から指針となるべき文書を引き出すことです。
法令でも、施行例でも、標準でも、設計図書でも。



タイの過去ログを思い出してください。

タイだって、博多の屋台だって、衛生に関しては、同じ人間として衛生的に食べ物を提供すると考えれば、おなじような考え方や指導がなされるのではないでしょうかね?
と言うことで、日本の祭りの屋台でも給水タンクはありません。

そのかわり付近の公共の水道に小メーター設置して、水道料金を支払い使用しています。
電気は仮設電気の使用量は、日額幾らの定額ですよね。

タイは、屋台の店子さんが昼営業中の大家さんの店舗が閉まったあと、大家さんから、場所と水と電気を有償で貰い受けている。水タンクが要らない理由です。


タイの屋台 写真1
タイの屋台 写真2

関係する当ブログページ



水の供給先等の同意書を、行政への申請書類に添付すれば、認可されるんじゃないですかね。

提供する商品の品数を許可条件に制限する。諦めないでください。
合法で頑張ってください。



端緒を切り拓く。穴があけば穴を拡大する。合法的に端緒が切り拓かれれば、それが前例を成す。です。



自らは表に出ずに裏方に徹する。
すべては『フィリピン貧民に雇用と経済活動の機会を』でしたね。

人に見せるためじゃなく。人に誇るためじゃなく。喜びを分かち合いましょう。
























関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2139-39efe784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。