マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
















「日本人来てるよ」



当ブログを見てからか? 日本人が店に来ているというのであります。

満足に情報提供はしていないにも関わらず、過去の文中の触れた部分と写真から割り出して、来られたのでしょうか?
大した推察力であります。




「それで、楽しそうだった?」


「いや、楽しそうでなかった。」




そりゃ~ そうでありましょう。
誰かが楽しさを運んでくるわけではないので、こういうローカルな店は、ご自分で楽しい環境を造れないと、店の魅力の半分も引き出せないのです。


自分、その他の外国人、フィリピン人の客様、接客女性、スタッフ、ライブバンドスタッフから構成される、その店の雰囲気を先駆的に誘導できるのは、自分(自分たち)であります。


そこらが解って来ると、フィリピンローカルバーを楽しむコツやツボというのが見えて来ます。



これも別にフィリピンだからとか、というのではなくて、日本でも同じなのでしょう。その方の酒を楽しむ。酒宴を楽しむスタンスに関わることであります。





はじめて、フィリピンに渡航した知人を案内して、友人は数件飲み歩いたそうです。

そこで使われていた会話は、タガログ語。



「ハハ~ン。マガンダンガビって言えばいいんだな?」


そう思われたのか? 2軒目からが「マガンダンガビ!」で入店したそうで、それから英語や身振り手振り。
十分女の子を笑わせ、喜ばせ、自身も楽しまれたそうです。

日本では、ある有数企業の幹部のお客様です。

場の空気を読み、とけ込み、周りや部下を盛り上げる。
当たり前のことを、学生時代や実社会の中で学び実践しているのですから、聞きかじった言語も武器として、いつも通りのことをいつも通りになさっていたのでしょう。





以前、在マニラの日式KTVに訪れると、日本人の男性客はソファーに横になり、ホステスの脚の上に脚を乗せ、横たえて居たのです。

つまらなかったのでしょうね?
それとも、そういうことがなさりたかったのか? 見ていても何じゃこれ!? でした。

そんなことがしたければ、ホテルにでも戻ってもなされることでしょうにね?




そこで友人は動きます。

店の雰囲気は一変。店内の空気が変わりました。







周りが自分を楽しくしてくれるまで、じ~と待つか。

「書いてあったことは嘘だ!何も楽しくない」と捨て台詞を言って、その場を去るか。

自分がその場の雰囲気を読んで、楽しくなる要素があるなら、起爆剤に自らなる以外には、方法はありません。



フィリピンの人々とは、自ら進んで起爆剤になることは少ないのですが、一度火がつくと燃えるんですよ。 
それは、自分が給与をもらって仕事をしていることも忘れてしまうぐらい、歌い、踊り、酒を飲み、素に戻ります。

皆、楽しい方がいいですものね。



ローカルエリアの、場の楽しさとは、与えてくれるのを待つのではなく、自ら進んでそこに居る人々と共に作り上げるものです。

日本のコンサート会場で、私の年上の女性たちもステージ前で我先に陣取って踊っていたことを思い出します。


それって、TVやビデオ鑑賞と違ったことですよね。







社会生活や集団生活での適応性。子供の頃から自然と養われて来ているものです。





















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2129-da78611e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。