マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いつも満席のローカルバー店内の様子










「また場所を教えないのですか?」



いやいや、いつかは公開しますよ。
しかしまだ、味やカット、下処理、焼き方などが安定しないのです。

下味もそうです。
私の場合は、塩ホルモンでいいのですから、変な下味さえ要らないのですがね。

それを伝え、調理と提供方等が安定すれば
どなたにでも公開することに成ります。



ホルモンは、店外でBBQのように焼いてもらうのがいいでしょう。
注文すれば、一本単位で、豚耳であれ、白コロであれ、焼いてくれて
皿の上に載せて運んでくれるのですから

串からホルモンを外して皿に広げれば、そこのテーブルに居る客は
各自銘々フォークで刺して、タレにつけ、塩につけ、口中に運べばいいことです。



なんたってフィリピンが良いのは、北海道のように焼く傍らから
脂が冷えて固まることはないわけで、焼きながら食べる必要がないことです。



それにしても、いつも安定的に白モツホルモンがあるというのは、B級グルメファンにはいいですね。

酒は、ビールか焼酎です。





軽く飲み終えて、ローカルバーに繰り出します。


いつ行っても混んでますね。
写真に撮影されている女性たちは、お客様ではありません。
すべて接客女性です。


呼びたければ呼ぶ。呼ばなければそれも結構です。


ローカルバーと日系のKTVの違いは、設定価格の違いにあるだけではありません。
おそらく日系のKTVの経営者が、「 安いローカルバー」を造ったとしても
それは日系の安いバーであり、安い日系のKTVであるとおもいます。
本質的な相違点には、なかなか気がつかないものです。




そんな店に今月も通っています。

そこで、「新たな指技と舌技、唇技を学ばないとあかんな~」という事態に遭遇。

これまでも研鑽を積んで来ているのですが、楽しくかつ、良い音色を奏でてもらうためには、また一つ研鑽ですね。













関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/21(月) 19:55 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/21(月) 19:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2119-08511ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。