マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








メトロマニラの禁煙に関する処置。
これはこれで、結構影響があります。

違反者には一回目500ペソ。2回目1000ペソ………罰金を労働奉仕で払うとか、収監のうえ教育処置とか、そういう処置の話ではなくて………。



喫煙室を設けているお店では、喫煙者を含めた会食では、禁煙者が耐えれば良いことですから問題はないのですがね。

これが逆の場合ですと落ち着かないものです。

話の最中に、煙草を吸いに席を離れる。多数の会食なら一人や二人途中中座してもなんてことはないのですが、二人の場合は何ともし難い。禁煙者も喫煙者も酒席で話が途切れる。何とも落ち着かないものです。

友人が「ジンロがあって、氷があって、エアコンがあって………煙草が吸えて………」という、マニラ料理屋探しの条件に挙げていたことが、理解できるというものです。



そんなことで、酒を提供する料理店でも大変ですね。
何年か前のマカティを思い出します。

『集客数にも影響出るだろう?』そんな感じが、飲食店で見てとれます。

喫煙室を設けている………変な言い方ですけど「禁煙室あります」というのが一頃の風潮。


「喫煙室あります」の表示は、WiFiの表示以上にメトロマニラの飲食店では、7月1日以降売りになるかも?知れませんね。


マカティじゃ………だったのですがね。
私の行く韓流食堂じゃ、喫煙室なんて無く吸い放題ですよね。

煙草の煙と焼肉の煙が、混ざり混ざって換気扇。とっとと外へ飛んで行けですね。
一応は個室が喫煙室ということになっていました………。


総じて言えば、愛煙家はメトロマニラを避けて、アンヘレスへ行け!ですかね。



これに対抗する処置としては………禁煙パイポみたいのを銜えてるフィリピン市民を目にしました。電子煙草を吸って取締官に意地悪する。
ま~いろいろと紛らわしい対抗処置はあるのでしょうが………貧乏行政市(財政豊ではない行政市)の、タカリの十手持ちが警察行動をするところでは、逆に喫煙フレームアップネタになってしまいますかね?
話によりますともう既に、マラテ、マビニ、エルミタでは、そうなっているようです。警察官が違反キップを切らずにカネだけタカル………やっぱりねです。




「煙草ダメなんでしょう?」

「大丈夫!」それで持って来たのが、SMBの空き瓶。



「これじゃ暗い店内。飲みかけのビールか灰皿か間違うだろう?」

「だから灰皿には、ビール瓶の首にティッシュ巻いてあるでしょう」



マカティで、当初のKTV店内の禁煙の処置がとられた時の出来事を思い出していました。



『喫煙ルームあります。』そんな表示を外に掲示する飲食店も出て来れば、それはそれで喫煙固定客層。新たな集客の機会にもなります。

店内に『禁煙』の表示が沢山張られた、料飲店の表示を見ていました。
マカティでもこれまで、店舗敷地内で灰皿があるところでは実質的に喫煙できましたからね。タカリ警察官の居ないような健全財政行政市では、落ち着くところに落ち着くのでしょう?


ちなみに、MBC(旧LA Cafe)は、入って直ぐのエリアで喫煙OK! 普段と何ら変わりません………奥の仕切られた部屋が禁煙エリアということにでもなったのでしょうかね?



接客女性なしの普段立ち寄る食堂………広い客室が禁煙になっているところが、当然多かったですね。そんな印象のメトロマニラでございます。

当面対策のとれない飲食店では、トイレでチュパチョパ。喫煙者は中坊になったようでありまする。


















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2069-b59297b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。