マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










今月の徘徊テーマは、パサイ市LEVERIZAストリート沿いの、建造物に観る居住者の民族分布状態。

実際に居住している民族にまで捉え返しが出来るかどうか? は解りませんが、建造物が出来た当時の建造物に与えた風習が、中国、スペイン………どの民族のものによるものかで、建造物の年数も観えてきます。

日米のマニラ市街戦。艦砲射撃で石造りの建造物は破壊され、木造建造物も消失していますが、マニラ市と距離を隔てれば、まだまだその当時以前の建物も見ることが出来ます。



「中華飯店が在るのを知っていますか?」という知人の話から、数年ぶりにその通りを歩きました。

いや、本当は、通りの奥まったところにある、この中華飯店に訪れることも兼ねて、その先にある肉屋の販売肉状態を確認することも兼ねて………のハロハロな徘徊です。




以前はよく通った道。大通りの交通規制の関係で、突き抜けることが出来なくなってからは、三丁先から奥へは行っていなかったのです。

自分の印象としては『韓流民族が多く居住し、韓流料飲店多きところ』だったのですが………こうして歩いていると、中国人が多いんですね。

あらためて見ると、中華寺院、中国系スクール、地域センター。
中国に関連する施設が多数在ることに気がつきます。

ゆえに、客観的需要として中華料理店がそこにあり、その価格も一品もののそれなりの料理と価格ともに、65ペソからの定食も存在します。


 

話を元に戻せば、フィリピンの建造物には、中国建築様式とスペイン建築様式のハロハロなものが多く見られます。

フィリピンへ中国の影響の多かったところに、スペインが侵攻して、建築物がスペイン様式に変わって行くのですが、キアポからサン・セバスチャン教会に至る道沿いに多く残っているように、二階部分には中国の影響を強く受けているものがあるのです。

その端的なものは、窓。「障子」やガラスでの採光物。
正確には「障子」というのではないのでして、貝殻を薄くして採光できるようにしたものを填めてあるのです。

その貝殻の「障子風」のものと、歪んだ手作り板ガラス、歪みの無い工業生産物のガラス、そしてガラスなど遮蔽物の無い横に斜めに木製のさんで、雨の流入を止めながら通気と採光を兼ねたものなど、そのフィリピン建造物の建設当時が観えてくるのです。

しかし、経年劣化での一部改修や経済的理由などということもありますしね。

そういうのは、建造物全体や使用目的から推量るしか無いですよね。



そんな徘徊を楽しんで居ると、二階から「貴男日本人か?」と、若い娘の声が飛んで来ました。



















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2053-53fe7315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。