マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






LAPU - LAPUは、フィリピンの高級魚。

値段も、フィリピン市民感覚としてはちょい高く、刺身でも調理でもして提供してもらえば、1500ペソ~2000ペソを覚悟しなければならないのですが、それにも増して、韓流料理店でも、出してもらうとすれば、一匹丸ごと買いとなります。

淡白な味とはいえ、流石一人で食するのには、量が多いのです。

かとてMBC(旧LA Cafe)で、食事の相手を捜して一緒に食すのには、一手間手順が加わります。面倒くさい。


そんな折、知人が知らせをくれました。



「マニラ・マラテの新装開店した『日本橋亭』で食べれるよ」とのこと。


刺身だから、頃良い量で、値段も一皿350ペソとこちらも手頃。

それはいい。



これは良いのですが………。

私的には一短を感じました。お造りが過ぎるのです。
このような刺身のお造りは、品質や鮮度の維持が出来てることを、前提とした場合でも、限りなく素材に熱が伝わる時間は、少ない方が良いのです。

そして、皿なども限りなく低温保存されているほうがいいのです。
時間がたった魚などは、塩で〆ないとヌメリの出るものも在ります。



フィリピンは高温域です。目の前に提供された刺身も、ドンドンと素材に熱が伝わり、脂のノリを期待すべき魚以外では、グニャ、ダラリの。喰い気を削ぐものに変わります。

歯ごたえも、楽しむような鮮度も命とする魚の刺身もありますし、獲って解体冷凍保存されたものを、氷温庫で自然解凍、そのまま食すには早すぎる魚もあります。

そんなことで、刺身を注文するときは低温ケースを覗いて「今が食べごろだな」「もうコイツは、ヘタッテルな」とか判断して、食す。食さ無いを、決めているのです………。

月に幾度か伺う食堂では、店員が「サーモン カバ?」と当然のように注文を尋ねてきますが、いつも当然のごとく「Oo!」とはいかないものです。








言われるままに『日本橋亭』で頼んだLAPU - LAPU。

お造りは過ぎるくらいで、見掛はよいのですが、初日は美味かったのです。

そこで、翌日も、それだけを食べに、LAに脇見もくれずに、まっしぐらノコノコと。

「LAPU - LAPU刺身お願いします」

品を見ないで注文してしまいました。しかも造り手の職人の年齢が、昨日よりは僅かに若い。


『血行が良くて、手の温度も熱いんだろうな?』


日本では、職人の手の熱を伝えないために金属の箸を使って細工するのですが、フィリピンじゃ常温で置いてある箸さえも、気温の影響を受けるのか? はたまた繁盛店ほど低温ケースの温度も高くなりがちなのか? 前日のLAPU - LAPUとは違って、出て来た刺身は元気がなかったのです。


職人の違いか? 個体特性か? はたまた商品管理か? 身の切り方(切り厚)か?

やはり生ものは、見て注文するに限りますね。



この店に限って言えることではありませんが、どこでも同じで生(刺身)で魚を食すと言うのは、日本人と韓国人………。
生で牛・豚肉を食べる、イタリア人やドイツ人とエスキモー、あれこれ考えても、生で魚や肉を食するのは少数食民族派です。
少ない需要に、良い状態でいつも期待に応えるというのは、難しいものです。




余談は別としても、当たり不当たりを覚悟しても、350ペソで一人前のLAPU - LAPU刺身を提供してくれる場所としては、現在の『日本橋亭』は、マニラでは貴重であります。

また、食べに行かせてもらいますよ。



ちなみに『日本橋亭』では、LAPU - LAPUを『白身』の名称で提供してくれています。

『白身魚の握り鮨』と言えば、LAPU - LAPUの握りを意味します。


見掛より、手数(提供行程)を減らして、皿の上に手早く切って盛りつけてくれる、『LAPU - LAPUの刺身』をちょいと期待しています。

ついでに私的には、焼酎の2合瓶も期待したところですね。














関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
> 1500~2000ペソでラプラプの刺身を提供しているお店ってどこですか?

過去記事にも書いてあります。ご一読ください。
ちなみに『1500~2000ペソで』というのは、一匹丸ごとです。

そのた同額予算で、一匹を多種の料理で提供してくれる場所も有りそうですのです。
そのへんは『マラテ・大虎』のご主人さんの店に行かれて、飲みながら尋ねられお聞きするのも一手ではないでしょうか?

ラプラプについては、ちょいと一考が有ります。
そのへんの話は、以降機会があれば書きたいと思っています。

でわ


2011/05/28(土) 12:47 | URL | SANTA #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/23(月) 17:34 | | #[ 編集]
はじめまして、
1500~2000ペソでラプラプの刺身を提供しているお店ってどこですか?
興味あります。
2011/05/23(月) 11:27 | URL | チョイス #-[ 編集]
Re: またもや知ったかぶり満開・・・

ご親切に、ご指摘ありがとうございます。

ちなみに、それはどこのマニラ市内の日本料理店でございましょうか?
ご覧の読者の参考に成りますので、書き添えいただければ、ありがたい。

私、フィリピンでは日本料理店は、極特定のところにしか行きませんので、お教えください。
次回、値段と味。対費用効果を比較してみたいと思います。

通りすがりの名無しさん。
2011/05/23(月) 04:21 | URL | SANTA #-[ 編集]
またもや知ったかぶり満開・・・
本当にマニラの日本料理や知らないというかケチ振りでやっと日本橋程度のラプラプの刺身が初などという快挙・・・・呆れたわ。
タイコさんもそりゃうーんあの人はねーというのも良く分かる(笑)
マビニ通りにある一般の日本料理や言ったこともないのか?
日本橋がマビニに出来るずっと前からラプラプの刺身は出しているよ!
それももっと安い価格で(笑)

これだから知ったかぶりの寒汰って言われるんだろうな・・・
それと鉄の箸はむしろ体温を伝えやすいから竹の箸が良いとされていますが(笑)

もう自分でお笑い(物笑いの対象)となっていますね・・・・(笑)
2011/05/23(月) 00:43 | URL | 通りすがりです #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/2050-ecb5193a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。