マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




マカティ ハンドル バーにて






近所のスーパーマーケットのひとつが、また潰れました。
会社更生法手続きと、在庫一掃セールが開催されています。
普段は買いに来ない人たちも、何処で聞いたのか? 砂糖に群がる蟻のようです。


「お前は?」


私、こういうところに行くと、何かパワーを吸い取られるようで、嫌なんです。もっとも食材なら普段から安く買えることです。
嫌な光景を目にすることもないでしょう。





マニラ・エルミタ………名の通った日系KTVが営業を続けながら売りに出ています。売り抜く………出来るだけ高く、買い手が着くうちに金に換えた方が良いのに決まっています。


フィリピン在住者の日本人の店の多くは賃貸物件。法人、妻名義でもなければ土地の取得ができないのですからそうなります。

いざ設備・内装なんて売ろうとしてもゴミor二足三文。所詮持って行けないものをカネに替えることが出来れば………この先投資したお金を何年で回収すると計算しているのか不明ですが、客単価の低下傾向の見えるメトロマニラで、買ってくれる奇特な日本人にでも売れれば、結構なことです。



「でも、マビニ通りのあの店までがね~」です。




日系KTVの方向は2極化。セット料金を安くして、何がなんでも集客して営業を継続したいとするところと、内装工事を見た目「豪華」に安く上げ、さも価値があるようにみせて高値で店そのものを、売り抜こうとする不動産屋商売。


しかし幾ら豪華にみせても、GROの給与は僅か一ヶ月で日給100ペソ下落。
収支計画自体が練られていないその場シノギの耐力、財務体質の弱い状況が見えてきます。



私の晩酌予算額は、肴コミコミ500ペソ。
ドンドン下がれ居酒屋替わりのKTV。肴が適正価格で豊富なら、KTVも晩酌の選択肢に入って来るというものです。

ジンロ小瓶一本小売り売価80ペソを知った上で、氷その他の提供込で食堂売価で200ペソ。つまみ持ち込みで選択肢に入って来たというものです。

でもね。ローカルバーなら………………。
日本人としてのひいき目。がんばってください。










さて今日の話題は、また物欲。
会社で使う炊飯器です。炊飯器というより炊飯機能のある弁当箱ですね。
でもこんなんで、会社で水と電気使われて、労使せめぎ合いの様相ですね。



それでも社員食堂を提供するよりいっかー

旨い米を買って、炊きたてのご飯を、オフィスや現場で食べる。
炊きたてのご飯なら、おかずなんて副次的。
作業現場の鉄骨の上で、作業員の数だけ列んだ弁当箱型炊飯器が、シューシューいっている光景………目に浮かぶようじゃありませんか?



AC電源変換器は必要ですが、これなら海外でも小型軽量でいけます。

今までのトラベルクッカーでは、米は美味く炊けないしね。

飲み屋に行ったつもりで購入して、一度遊ぶだけでも暇つぶしに貢献。
「外食費用ももったいない」の現代日本が生み出した商品であります。

興味津々の炊飯機能のある弁当箱の話でした。



















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/1951-232bd8ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。