マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『フィリピンの物価』や『フィリピンでの生活費』を尋ねて来られる方がいます。
正直言いますと「わからない」のです。
何が「わからない」かと言いますと、尋ねて来られる人、自身についてがわからないのです。


日本国内でも、それぞれの生活の仕方もありますし、普段消費するものも異なります。それぞれでお金の使い道が違う以上、一束一括りでは語れないのです。



そして尋ねて来られる目的です。

フィリピン現地に現地妻や恋人などがいて、それらの方の「生活費を幾ら送れば良いのか?」「現地妻や娘を囲うのに幾ら考慮すればよいのか?」と言う方も居ましょう?

また、ご自身が「移住して生活するのにいくら掛かるか?」という方も居ましょう?

まったく異なる条件です。






スーパーマーケットでも市場でも歩いて、商品を手にとって見てください。




前者についても幾度と書いて来ていますが、私たちの多く接するフィリピン女性の場合。一つは日本で出逢ったフィリピンパブに勤めているor勤めていた、いわゆるジャパユキ嬢や、現地日本語環境KTVに勤めているor勤めていた女性と、LA Cafeや置屋・カラオキヤなどで見かける女性の場合も、生活条件や、ご本人があなたに寄せる希望条件も異なることでしょう。

それぞれの女性も生まれ育ちや出身地、現在の生活環境でも大きく変わりますので、何時か触れますが後者のLACafeなどで見かける、フィリピンで生まれ育って、日本語環境のKTVなどで働いたことの無い女性については、生活や生活習慣、消費行動などについては、私も随分と参考にさせていただいている『Jet Culture Club』を御覧いただき通読の上参考にしてみてください。

多くのブログやホームページ上で、フィリピンを書かれているものは多いのですが、視線や視点が安定しているブログです。
そしてある特別の営利な目的への誘導が、まったく見られないブログでも有ります。






お口に合うものと、お値段を確認してみてください。




それら女性を対象とした生活支援や抱え込みのための、「フィリピンの物価」「フィリピンの生活費」は機会をあらためて、ご自身が移住し生活しようとする場合の物価については、何度も言いますが、ご自身が住みたいと考えられている地域で、仮移住=短期スティを行なってみることだと思っています。


実際に住んでみたい地域や場所によっては、購入しやすいものや購入し難いものが存在します。たとえお米でも口に合う米によって価格も異なることでしょう。


一般論的には、フィリピンで地産せずに海外からの輸入によるものは、関税が撤廃されたとしても、海外の輸送コストや流通コスト分当然高くなるわけです。
フィリピンの地場産のものであれば、フィリピンの人件費が乗ったとしても人件費が安いわけですから、価格に大きく反映することもないものです。


『地場産』と『人件費が安い』を頭に入れて考えますと、モノの一般的価格や、平均的価格、フィリピンの物価や生活費が観えてきます。





車を使う。他の交通手段を考えている。当然かかる経費は異なります。
住居でもどの程度のものなら不快なく暮らせるのか? 見ることです。




例えば、乳製品はミンダナオ地域でも酪農が行なわれていますから、地場モノの酪農加工製品は想像していただけるはずです。
しかし牛乳は、産地と消費箇所が近ければ、フレッシュな状態でも入手可能ですが、低温殺菌で遠隔地消費地への運搬を考えると、ロングライフタイプの長期常温保存タイプが、『フレッシュミルク』の商品名で店頭に並ぶことになります。



ウイスキーやブランディーやワインでは、フィリピン産の地場ものは720mlで数十ペソからの価格です。ローカルKTVに置いてある飲み放題のブランディーやウイスキーが、安く置かれているのはこのためです。しかし「俺はこの海外ブランドがいい」という人もいることでしょう。

米も好みによりますから安いのから高いのまで、ご自分のお口に合う米はどのお米でしょうか? 地場のものですか?輸入のものですか? 水ならどこのメーカーのものでしょう? 「逆浸透膜濾過でよろしい」と言われる方もおりましょう? 体験してみないと何とも言えないのです。


車は、日本の自動車メーカーのフィリピン現地に工場であっても、1$=110円程度を目安にした日本の標準価格を現地販売していますから、そこらから推察されれば、フィリピンで購入する価格も観えてきます。輸入車であれば、自由貿易協定のこともありますが、関税や輸送コストを考えてみればご理解いただけるでしょう。


小麦粉もガソリンも、普段私たちが手に入れている価格が、日本の税やシステムを付け加えられた価格です。小麦粉を例にとると下図のとおりです。





日本政府の小麦買付け売渡価格の2008年の推移
消費者物価を押し上げている大きな要因の一つです。





「なんだこれ!自民党・公明党政権は『生活者の暮らしを安定する』と言いながら、市民生活に密接な小麦の市場売渡価格を一向に下げない!」とお怒りの人もおられましょう。

これは、小麦の小売渡価格が半年に一度の見直しという従来からのシステムや、ガソリン税など従来からの法律を踏襲しているためですから、日本の官製物価とも呼ぶべきものです。フィリピンの物価との差が生ずる根拠でもあります。1バレルの石油価格も1トンの小麦の購入費も、海外のフィリピンと日本の同じ時間に買い付けた価格に違いはないのです。



お尋ねのかたがどのようなモノを、どのくらい消費されるのか?
衣服などは、安物の粗末なものをそれなりの価格で買うことでご自身が満足なさるのか? それなりの品質のものをそれなりの価格で購入するのか? もちろん外国製であれば自由貿易協定発動以前であれば、輸送コストに関税がONされるということです。



永く住もうと想うのであれば、まずは数ヶ月の単位で仮に暮らされて確かめられるのが良いのでは無いかと想っています。


嫁がフィリピン人だからといって、フィリピンで暮らす必要もないものです。嫁なら日本に来て暮らせばいい。海外ならスペインでも、カナダでもイタリアでもいいわけです。お相手がフィリピン人だとしても、同じ南国でもアメリカ領も別な近隣の国もあるものです。

当然のごとく物価だけでなく、不安定要因や生活の習慣やインフラや国のシステムなど、いろんな要素を加味されて考えられると良いことです。

あまり頭で考えないで、ご自分の生活スタイルを現地に短期スティして、再確認してみるのが良ろしいのではないでしょうか?






[AFP]



長くなってしまいましたね。


クリスマスイブ前夜です。『健闘社長はどうしているのだろう? 健康や体調はどうなのでしょう?』気がかりです。


そんなんで、最後にお米を使ったクリスマスケーキ(寿司ケーキ)や、クリスマスツリーライスの動画を載せて『メリークリスマス』です。



お米を使ったクリスマス料理のレシピは  >こちらから













それではよいクリスマスをお迎えください。
Maligayang Pasko!





















関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/25(木) 14:22 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/25(木) 12:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/1274-84ff3bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。