マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン AIDS/HIV 統計


RED RIBBON LINK PROJECT







フィリピン料理って何でしょう?

視点を変えれば、フランス料理は? 中華料理は? 日本料理は?と置き換えることが出来ます。



ベトナム料理とされる春巻きも、小麦粉で作った皮に置き換えれば、中華料理で、湯葉に置き換えれば日本料理と考える人も、居ることでしょう? 
ベトナムでは麺(フォー)などのように、米で作ったや食材が多いということでしょう。



ソバに例えれば、韓国の冷麺の麺はそば粉ですし、フランスのクレープもそば粉です。けして日本独自とは違います。天保の飢饉で米が収穫できなかったことの副産物でもあります。



そこで『○○料理』という定義をやめてしまて、その国でとれる素材で作る料理。地産地消の料理という風に考えると結構面白いのではないかと想っています。

その考え方を進めて行きますと、我がB級グルメ愛好者としては、フィリピンの市場で買える素材を入手して、持っている調理法で適当に食する。
それにフィリピンの人々が、どのように反応するのかを見て検証するのも、面白いものです。






マニラの屋台や露天商店






外国の人々で納豆を嫌がる人は多いのです。
フィリピンの人たちも然りです。
ところで「何が納豆を嫌がらせている」とお思いですか?


これの検証を行なわれた友人が居ます。
結果はさておいて、好きな人と食事をして勧めたものが喜ばれないというのは悲しいものです。


「嫌いな理由は何か?」それが解れば、それに対応した調理法が有ります。
それによって、お相手も納豆を喜んで食べてもらえます。
美味しさを共有できる瞬間と、知識と調理の知恵を伝える、喜びのときでもあります。


料理を作るのも食事に誘うのも、お相手に喜んでもらうためです。

『至福の共有』とまでは行かなくても、愛や感謝が………作る側も食べる側、もてなす側も、もてなされる側にもなければ、食事は空腹を満たすだけの「餌を喰らう場」にかわります。









「フィリピンにはしょぼい料理が多い。日本人はそこまで身を落としてまで………」と言われている、朝食でのビーフタパやボーンレスなどではありますが、片や日本のサラリーマンの昼食を見てみれば、コンビニのおにぎりとペットボトル入りの茶やカップラーメンです。


私には、炊きたての熱々を手塩で握ることで、ほわっと堅すぎずやわ過ぎず握られた握り飯のうまさを、知らずてか?忘れられて行くことに寂しいものを感じてます。



不景気で手弁当持参のサラリーマンが増えるのではなくて、何故かコンビニの利用者が増えているのだそうです。

理由はスーパーマーケットで買う食材が値上がりがして、物価高で作るよりコンビニのおにぎり方が、安いんですって「本当ですか?嘘つくなよ!」
知恵と工夫と愛情が足りないだけじゃないでしょうかね。










先日テレビで、「こうやると”おにぎり”を握るのは、手が熱くなく出来るわよ」と、ビニール手袋で握る方法や、型にご飯を押し込んで整形する方法などを、紹介しているものが有りましたが、美味いものがどうやったならば出来ているかを科学されていない悲しみを感じています。




新ためて「愛情が………」などと言う気はありませんが、母親と一緒に食事を作った経験も楽しみも、昨今は、受けとって来こられなかった日本の大人の多いことに気づかされています。



形だけ似ただけのモドキ料理。それでも「コンビニのおにぎりよりは、まだましですかね?」で複雑な気分です。何か寂しいですね。




『利益を採る。』『儲かる。』『金になりそうだ』そんなことで、ジョリビーをやりたい日本人も居るそうです。
自分がおいしいと感じるのならば、それもいいですがね。
自分が美味しいと感じられないものを、商品とするのは「なんだかな~?」です。



お客様の喜ぶ顔を思い浮かべながら、美味いものを提供し、その結果に収益がついてくる。

当たり前のことですが、フィリピン料理店でも日本の料理店でも、思い違いをしている料飲店や、夢を描く人はいるものです。


自分の口(主義)に合わないものを、カネに成るとして、商売をはじめるかどうかは? その人の生き方の分水嶺です。



「それでも混んでる」


「いいじゃないですかね。どこにも勘違いはあるもんです。」


















【参考】

食ということで共通のテーマですので、先日いただいたコメントへの返事を、再掲させていただきます。



食べ物については、フィリピン料理と称されるものは多々あります。
多々あるのですが、ブログにも書いた通り、私は味付けが口に合わないものが多いのです。


スペインの統治以降200年を経て、日本2年、アメリカ50年の統治の時代がありました。

それ以前は? というとバナナの葉に包んだ蒸し焼きや、竹に入れて煮る。
土鍋というのもありましたから、煮モノやスープの類いは有ったものと想われます。

その他ではレチョンに代表される丸焼きや、竹串に刺して魚を焼く。後は酢で〆て生ものを食べる。こんなところではないでしょうか? 
新鮮な海産物や材料が手に入るところほど、保存食の類いは発生発展しません。



約300年前にスペインが統治してから、スペイン料理。日本料理。アメリカ料理に近いものが食卓にのぼる。そしてそれ以前に入っていた華僑の中華料理があって、近隣のアジアと同じような料理が有ったと思われます。


タイで代表されるトムヤンクンは、フィリピンではシニガンヒポンと呼ばれます。違うのはレモングラスが入っていませんから、味は近いですが風味に欠けるということです。


そにょうなことから、フィリピンでは、中華・スペイン・日本・アメリカの料理に近いものは、結構家庭でも行われているのです。








日本人がグルメだと言っても、肉を公然と食べ始めて150年程度のことです。

ラーメンもたこ焼きも、お好み焼きも、もんじゃ焼きも、食パンも、第2次世界大戦敗戦後のアメリカ占領軍の放出物資で、小麦粉しかない食料事情から60年くらいのものでしょう。



寿司やおでんにおいても、江戸の大火を恐れて屋台が発祥。百数十年といったところでしょうか? 日本もそう歴史的には変わらないのです。



そこに来て肉でも米軍や財閥、小金持は精肉を食べたのでしょうが、お金のない敗戦後の日本人も、内臓肉しか口に入らなかった。ゆえに朝鮮人の供するホルモン料理や、下町のモツ煮込みなど闇市食文化が発展したともいえます。フィリピンではカレカレという、牛内蔵肉とバナナの穂先をピーナッツソースで煮たものがありますが、同じような経過を辿っていると想われます。



逆に日本も日本古来の日本料理の名を上げれる人などは、幾人いることでしょう? 食も歴史と国際交流の中で変わって来てるんですよね。



フィリピンの日常で市民が、スプーンとフォークをもった光景を目にします。アジアの他の地域でも見られることです。

おそらくアメリカ軍のGIの食事キットにナイフは必要なかった? 必要なら戦闘用のナイフがありますしね。そんなところから、ナイフ代わりにスプーンを立てて兼用で使っているのではないのか?と勝手に考えています。


フィリピンでは、カマヤンと呼ぶ ”手づかみで食事する”のが、古来の食べかたの一つに有ります。フィリピン料理高級店などで見かける食事をするフロアーの中に、手洗い設備があるのはこのためです。


私は、指先程度が頻繁に汚れる食事時にはフィンガーポウルをもらって対処しています。









コメントの中にあるDANPAに近いものは、フィリピンの随所に有ります。

私のブログにもロハス大通り沿いの、バクララン教会横のシーサイドマーケットを紹介しています。



調理してもらう場合のコツは「どう調理して、どんな味付けにして欲しいのか」をはっきり伝えることです。

「味付けはしなくていいから、蒸してくれ」とか「茹でてくれ」「焼いてくれ」「生で出してくれ」「野菜はこのように切って、そのまま出してくれ」「バターで炒めてくれ」「スープにしてくれ」と言う風にです。



そうは言っても、余計なものがついて来ます。

そこは当然のことと善意でしてくれていますから、ご容赦を!ということもありますが、これで要望をとりいれてアレンジして出て来たものにもフィリピン流は残ります。

結局は料理は、その調理人さんの感性と舌ですから、そこの調理人の出身地風のフィリピン料理と言えないこともありません。





これを自分で醤油・魚醤・酢、カラマンシーという柑橘系果物と、シリ・チリという唐辛子と、必要であれば塩・砂糖をもらって自分流に調味したつけダレ、カケダレを作って食すという塩梅です。



ガイド兼のご婦人を見つけられて、何をどう調理したものを食べたいのか?伝えるのも一手であります。食べたい素材と調理法と味付けが決まれば、美味しいものは沢山有りますよ。



タイの料理が万人美味しいと言われるのは、タイではこれが出来ることです。


麺料理でも麺の太さ選び、茹で加減を選び、汁あり汁無し、味付けすべてを、その場で好みの注文に応じてくれます。

それにテーブルの上に、更に調味料やスパイスが置いてありますからね。
フィリピンでもそれを口頭で伝えるということです。



「簡単なコミュニケーションがとれない」「日本でも自分で料理をしない」「自分が食べたいものが自分で解らない」こういうお人の場合は、いつまでも調理人まかせで、自分の口に合うものにありつけないことに成ります。

フィリピンでは調味料や他で買ったものを、飲食店に持ち込んだとしても大概は怒られません。味噌・マヨネーズなど自分の好みの調味料が有れば、ご持参ください。




興味を示して店の者が寄って来たら、試食させて上げてください。食文化はかように進化すると思っています。

そんなわけで「フィリピン古来の伝統的料理と呼べて旨いのは、豚や鶏の丸焼きくらい」と言われる方が居ます。
炭でいぶし焼きしてくれる店を見つけてください。付属の調味液は口に合わないものが多いですから、口に合うものに作り替えてくださいね。



これからクリスマス、年末年始を迎えます。どうぞ楽しんで来てください。







関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lovesanta.blog25.fc2.com/tb.php/1251-92fef434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。