マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2010/051234567891011121314151617181920212223242526272829302010/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

 
 
 
 
 


 
大統領が交代して、大いなる期待をする日本人も居ると聞きます。

新大統領もフィリピンでは伝統的家柄。伝統的家柄とは、支配層で人民からの搾取収奪の上に富を築いてきた家柄だということです。
アキノ………白、マルコス………黒 そんなイメージの方もいますが、ものには白も黒も灰色も、そして色もありますからね。 秀吉か? 家康か? といった程度の違いとして受けとめておいた方がいいのではないですかね。



さて、大統領や政府高官、行政機関の長等と自分のコネクションを、強調する人がいます。
日本の政府・財界の要人と一緒に写した写真をトランプのように厚く携えて、親交の深さと自分の繋がりを語り出す人たちです。

また同じような写真をブログやホームページに掲載して、大統領と二人で写真撮影する関係にある。と思わせたいのです。



しかし、深い太いコネクションなんて本当にあれば、それこそが知られないようにコッソリと、自分や自分の企業のためにつかいこそすれ、自分の信用を得るためや、その関係をあえて誇張する人は居ないものです。

経済誌や広報、マスコミに取材をうけて、一緒に記事になったというのなら別でしょうがね。


ゆえに、友人曰く『銀行の応接室を使った籠抜け詐欺だな!』です。




ところでフィリピンでは、大統領はじめ政府要人などにモノを頼むというのは、そう大変なことではありません。

こういうマネジメントをしているのは、大抵その人の親戚・親兄弟がオフィスを持っていて、そこを通して依頼するのです。

例えば、正攻法で取得しにくい資格、許認可事項、特例処置………等々です。

依頼すると電話がかかって来て、「依頼した日本人と直接会ってみたい」とか「本人と会ってみないと何とも言えない」ということで、会うことになります。
これがオフィスの場合もありますが、何故か?大概は高級なレストランであるわけです。

何回もそんなことが繰り返されると『飯くらい人のカネで喰うなよ!』とか思いながらも『お車代』をその度に、お払いするところから始るんですよね。


まぁ~ 要求を叶えてもらえば叶えてもらったで、当然の謝礼(普通は種類を揃えて前金)や「取り次ぎキモチ」のほかに、ちょこちょこと電話がかかって来るわけです。

『◯◯長官の奥様の誕生日がありまして、ぜひ参加して頂きたい』

それが娘であったり、親であったり………。


日本と同じで、大統領でも市長でも、議員でも同じで、それが選挙の時期ともなれば回数が増えるわけです。



『嫌だと言えば既得権益が剥奪される』などと思われるかもしれませんが、フィリピンの良いのは、たとえ不正でも許認可事項や免許を一度発行されると、余程のことがない限りは、政権が変わっても剥奪されることはないんです。これには感心させられます。

フィリピン社会の秩序が、こういう形で保たれてるんだな?と変な関心させられることシバシバです。不正でも違法でも、発行されて書類になれば、正規なるものになるというわけです。偽物と本物の違いは役所に記録が残るかどうかの違いなんですけどね。出生や卒業………行政機関のIDや行政機関発行の証明書まで、なんでもすぐ造れるのがフィリピンです。



まぁ~ 特別の法改正に伴い権利が消失したものは仕方ないにしても、そんなことは滅多にないわけで、当時の政府行政機関の長のサインのある書類も例え大統領が代わっても権利が無くなることはないものです。


ですからフィリピン共和国法に基づいて禁止処置になっているものでも、特例認可で既得権を持っていて、そこから利益を得ている日本人も居るんですよ。
当然、他人には語ることは少ないですし、話す必要もないことです。


コネクションとか伝手等というものは、こっそり秘密にしておくものです。
貴男がそうであるなら、同じことをするでしょう?

ゆえに聞きもしないのに、写真を見せたり伝手を語ったりなどというのは、ご自分を大きく見せて、さもコネクションがあるように見せる仮象(あるものが別なように見える。コップの中の水の中のスプーンが曲がって見える現象)・詐称が必要な次のアクションを用意している人だということです。



そんなことを言ったり見せたりして近づいて来る人は………貴男から利益を獲たい。貴男の名を連ねることで団体を作り、代表者としての肩書きを獲て次のアクションを行なうための、準備として近づいて来るものです。当然ですよね。
写真だとか面会だとか、主催団体の来賓や挨拶………日本人が考えるよりず~と安い金額で、依頼することが出来ることです。
だからこそ、フィリピンが日本詐欺師の天下になる土壌があるのです。
日本人なら会合や面談で、通訳者とお相手のタガログ語で話してることも判らない人は多いですからね。すべて日本語で説明されるものを信用してしまうんです。これは凄~く騙し易いんことなんでしょうね?


【カネで出来ないことは無い】………な~んでもアリのフィリピンです。


わかる人だけわかって下さい。わからない人は疑うことを知らない、いい人ですから………。幾ら言ってもわからないはずです。
鴨られてることを「頼りにされている」「俺のために一生懸命やってくれる」と想う人もいるものです。


『お相手の人は、なんのためにフィリピンに留まっているのですか?』

外見や、話してる言葉より、『何故フィリピンにその人が居るのか?』など、人成りを考え方をよく観て下さい。
日本でしているように、お相手をうかがえばいいのです。


お相手の本名や、パスポートの写し、フィリピン外国人登録証………さえ見たことのない・告げられない人はいるものです。
そして、そんなものは僅かなカネで造れるのです。………思い出して下さい。

【カネ(ビジネス)の話を持出す人】と【女で喜ばせて接客接待しようとする人】【貴男の経済力に興味を持つ人(職業、役職を尋ねる)】は、フィリピンでは、信用には値しないのです。有名人との撮影写真もそうですけどね。













 
 
 
 
 




スポンサーサイト





 
 
 
 



 

多勢に無勢。当ブログは、あえて無勢なS氏のいい分に偏った判官びいきで記述を進めて行くことにしましょう。

ゆえに「事実はそうじゃないよ」という関係者があれば、どうぞご自分のブログからトラックバックして下さい。

セットアップしたと言われる当事者の日本人、フィリピン人の名前が出されていますから、ぜひそちらの主張も聞きたいものです。



それにしても、今回の2度にも及ぶ、合わせて600万円を超えるセットアップの詳細は、S氏のセットアップの舞台となったKTVの周辺で、入店しようとする客への訴えからはじまりました。

これがなければ、総てはヤミの中だったわけです。



しかし「だからマニラは危ないんじゃ!」という話ではないわけです。

少なくとも当ブログや、この間一定の役割を果たしその役割を終えた、いくつかの現地系サイトを見て来た人たちは「何故そのようなことになるんだ?」と不思議でならないはずです。

「オカシナ奴には近づくな!」「向こうから日本語で、笑顔で近づいて来る奴からは、離れろ!」ですからね。

そのぐらい、仕掛ける側と仕掛けられた側が、近い親しい信頼のある関係にあった。のだと考えられます。



一方の、仕掛けた側のNGOには、何故現地日系KTV経営者が、40人も名を連ねているのでありましょう?

確かに発足の目的は『健全、安全に、観光者が、安心して遊べる環境づくり』です。

しかし私たち旅行者は、一日1000ペソも2000ペソも払って、警護や案内をして欲しい等とも考えませんし、その必要を感じる読者等居ないはずです。
なぜなら、それこそが「危ない」と考えるからです。



そうするとこの組織化は、日系KTV関係者からは、"みかじめ料"に類似する保険機能を有したものとして、受けとめられているのでは無いかと考えられるわけです。

ある種の業界団体をつくることで、関係当局とのコネクションを造る。
そこでアンフェアな目こぼしや、優遇を期待する。

自分が参加することで「幻想的日本業界団体」が形成され、多数の意思と組織力を背景に、自分の店が法的制度的不備が指摘された時に、経営的危機を回避する狙いがあるのではないかと想われます。


ところが指摘(告発)するのは、業界や個々の店舗の事情に詳しい組織に所属する人々。「どこどこの店のGROは正規の就労条件を充たしていない。調査(捜査)すべきだ」などという発想は、客や利用者、観光者の発想ではなく、商売の競争相手の発想することですから、わざわざ組織を作り、力と発言力を特定者に与え、弱みを監視され、脅され………結果として、もみ消しのカネを払わされるのは、なんと自分なんです。

自分が組織構成員として、組織に力と発言力、コネクションを与えた「共同幻想」の下で、特定者からの仕掛けに怯えるという、チグハグな関係式が成り立つわけです。




そうは言っても、3年前の奮闘社長鈴木氏のエンジェルハートに見られる、セットアップの頃とは、時代は大きく変化して来ています。
大きくは、アメリカに端を発した経済不況。
そして日本からの渡航動機が、日本のフィリピンパブ、フィリピンパブ従業員との関係によるものが、気薄化していることです。


業界内部の、「儲かっている」「協定価格を破壊する行為を行なうもの」を放逐すれば、自分の店の客が増加し潤うということでは無くなって来ているのです。

パイの大きさが変わらない状態では、他店を落とし込めば、自分の店のパイの取り分は多くなったのでしょうが、今はそのパイの大きさが縮小してしまっています。それも良い方向へは向かわず、ドンドンと縮小し続けています。

ライバルを不法に業界から放逐したとしても、その分が自分に回って来ても極てわずか。労する割にパイが手に入ることが、期待できなくなっているわけです。


ですから、かってのように仲間内を落とし込めば、自分の店の売り上げが上がるような、業界内部でのセットアップは、当面見られることはないでしょう?

あるとすれば直接的カネが請求できるような、セットアップなんですが………業界関係者が「覚せい剤等薬物販売使用容疑」「未成年者就労と強制買春容疑」「拳銃不法所持同携行容疑」等という手に、おちおちとハマるとも想えないものです。

それでも業界内部と特定のフィリピン人に、危機感をつのらせているのでしょうね。




そうまでしても、私ら利用者や旅行者から見れば、美味しそうな業界には思えないのですがね。

と言うのも、「来客者が減って売り上げが下がった」程度では、通常は今回のようなことにはならないわけです。



セットアップを仕掛ける側がカネに詰まり、既にカネを借り集め、その返済に生命の危機すら感じる状態にまで経営が逼迫している。そんな在マニラ日系KTV業界を感じるのです。

大きなカネは無理としても、お手持ちのカードで引出せる10万円20万円程度の、小口のセットアップが、日系KTV周辺では発生する可能性を予測させるものです。



フィリピンで儲け話。フィリピンに日本人が思うような「儲け話」は絶対にありません。私が見ているブログのブロガーさんの所見です。
美味い投資話。そんなものを振って来る人の側には、そんなものはないのです。
あったら正規の融資が受けれますって、自分でコッソリやってますよ。











 
 
 
 
 
 










 
 
 
 
 
『日系KTVを舞台に、600万円以上をセットアップされた』と訴える人の話題が注目されています。

そう訴えるのは、フィリピン・マニラを旅行中の日本人S氏。

「現地非日系旅行会社と、日系ガイド・ボディガード・ボランティア団体によて、セットアップされた」と、マラテミュージック21周辺の事態の切っ掛けの舞台となった日系KTV周辺で、飲みに行こうとする日本人を呼び止め、現在も訴えているのであります。



S氏は、先月と今月二度に渡り、フィリピンを渡航しています。

5月は、警察官に「買春容疑」を掛けられ、警察官へのもみ消し、弁護士への謝礼、ボランティア団体への謝礼などで、総額100万円を支払ったと言います。

この段階では、何の疑いも抱かずに、ボランティア団体の勧めに応じて、ホテル宿泊は高額な費用となることから、コンドミニアム取得費用として高額の日本円を持参して再渡航、今月はそのカネが狙われたのだと言います。


ボランティア団体の勧めに従って、安全な店として2店の日系KTVと二軒の居酒屋が紹介されました。
マラテミュージック21に近いコンドミニアムに賃貸。そこからボランティア団体の差向けたボディガードを伴って日系KTV等で日々交遊。
そのうちの一軒のKTVで飲んでるところに、フィリピン人が連立って来た若い娘を紹介されたと言います。

コンドミニアムと2店の日系KTVでの飲酒。2店の居酒屋での食事の繰り返し。ボディガードの必要性もない半径300m足らずの範囲内での日々ですから、ボデイガードを断ったのだと言います。



事態はそこから急変します。

紹介された若い娘が、コンドミニアムに来て、積極的に関係を迫られ関係を持ってしまったと言います。

その先はお定まり、居酒屋で食事中のところへ、警官とボランティアが現れ「相手の娘は17歳の少女」「このままでは無期懲役になる」と迫ったと言います。

その示談、もみ消し、ボランティア団体謝礼、弁護士費用として、支払った総額は500万円。先月と合わせると600万円を超えるものだったと言います。

そのことを、舞台となった日系KTV周辺で訴えているのです。



当ブログの読者であれば、最初から「オカシイ」と感じることでありましょう?

マニラで遊ぶために、ガイドやボデイガードを伴うことを勧められる。
なんともオカシナことであります。


「そういう人も居るんだな?」率直な印象です。


「安全に遊ぶ」ためにボデイガードを勧められ、それからオカシナ事態が発生する。………ところが、仕掛けられた1回目は、感謝こそすれ何の疑いも抱かなかったのです。それよりもこのボランティア団体リーダーの勧めに応じて、多額の金を持参し警護を再び依頼しているのです。


一方の当事者であるボランティア団体にすれば、一度目の「買春容疑」に加えて「未成年の少女と関係を持ち」苦境にたった邦人を2度までも救った。と主張されることでありましょう?





「悔しいのはわかるけど、そんなことをしてないで、早く帰国した方がいいよ。そんなことをしてると命が危ないよ」

不特定多数の日本人に事情を訴えるS氏に、声を掛けられた日本人の返した言葉です。



KTVを経営するボランティア団体リーダーと現地フィリピン人の名前が、何度もS氏の口から恨みを混めて、囁かれました。

相手とされるボランティア団体。

『セットアップ事件  チックポイントでの警察官の嫌がらせ金銭要求。』に対処し、日本人旅行者の安全と業界、周辺環境の健全化を図る目的のNPO団体だといいます。



おそらく今回の事態に関しては、両者の主張には隔たりの有るところでありましょう。

聡明な我がブログの読者は、どのように考えますでしょうか?



まにら、朝日、読売……報道機関の方々は、これからの成り行き。カメラを持って取材と注視していてくださいね。





【参考】pinsanのフィリピン・ナビゲータ

関係する記事………が削除される可能性もありますので、コメントまで含めてご一読の上、写真、名前、記事等を早めにダウンロードしておくと、バクラランからエルミタまでの広域な日系KTVの安全な交遊には、あなたのお役に立つはずです。

ブログ主宰者のpinsanとは面識はございませんが、記事を指し示して活用させていただいたことに、感謝とお礼申し上げます。











 
 






 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。