マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2008/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







物売りの婦人が、車の影に忍んで食事をしていました。

それは「食事」という言葉は、適切ではないのかもしれません。





「女の子が人前で大きな口を開けて、食べるものではありません」


日本の何処ででも、親が子をたしなめる躾の光景が、数十年前までは観られたものです。


道ばたやコンビニの前で大股を拡げ、パンティーをみせながら大口を開けて、モノを頬張る女学生を見ることがあります。
『恥』や『美』の概念は、日本は随分と変わってきています。
敗戦以降の年月は、日本人の美意識や風習にも影響を与え、アメリカ文化や便利な生活習慣を浸透させました。


しかしそれは、私の目線が生活者の底辺に近いところに在るゆえで、確固たる安定的生活が出来る人や、日本古来の文化や風習を重んじている家庭では、恥は恥として教えられ、躾・作法が受け継がれているのかもしれません。

そう考えると、文化も風習も、強い者に身を委ね沿うことを生きる知恵として来た、他人に依存して生活しなければならない人や階層から、新しい文化や都合・習慣を受け入れ易く、拡がっていくものなのなのかもしれません。



親が知らねば躾けられることもなく、それなりの習慣がその子に引き継がれていきます。

高級食材や高額な食品を食べることと。それを食す人が高貴な人か?は、別の話であります。 
身なり見掛や今の位に関係なく、躾を施した人や生まれ育ちは人に表れるものです。


「こっちに来て一緒に食べませんか?」

「大丈夫です。ここで食べてはいけませんか?」


器や食べる場所をかえるだけで、味も食事の満足も変わるものです。
同じものでも、もっと美味しく食べてもらいたいのです。

一人で食べるよりは、数人で食べる方が美味しいですからね。


















スポンサーサイト







サンチャゴ要塞 フィリピンにとって歴史的価値があるばかりか、日本にとっても旧日本軍が、アメリカ軍のマニラ侵攻を阻止するための、最後の砦となった場所でもあります。

パシグ川にかかった3つの橋を爆破して米軍の侵攻を阻止しようと日本軍に対して、アメリカ軍は水陸両用艇であっさり渡ったそうです。

イントラムロスは、日本軍の楯とされた縛られたフィリピン人が、砲撃で犠牲になった場所としても知られる、『マニラ市街戦』の不幸な舞台の一つであります。











時折しもガザへのイスラエル軍の空爆や侵攻が、国際世論の批判を浴びています。
国連関連難民施設への爆撃やナパームやクラスター、原爆に次ぐ悪魔の兵器とされる白りん弾まで使用されたと、国連は報告しています。



投石にライフル。ミサイル弾に対して無差別空爆。ナパーム・クラスター・白りん弾。1000人にものぼる犠牲者の多くは子供だと言います。


ホロコーストに代表される、ナチスによるユダヤ人虐殺を過去に持つイスラエル人が、何故このような『ガザ無差別大量虐殺』攻撃を続けるのか?に疑問を抱いていた時に、APFから「ハマスを日本のように屈服させよ」のニュースが入って来ました。




























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。