マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2007/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
















『結婚必要書類』も、すべて自分たちで揃えなければならないわけです。

わざわざ高額なお金を出してまで委ねることはないのです。




両国の役所などから、お二人が手分けしてそれぞれ取り揃えれば出来てしまうことです。

このようなことを、それぞれで出来なければ、その先は波瀾万丈のことでしょう?




実際はそれより厄介なのは、日本国内での入管に提出する書類の作文や手続きの方のようでもあります。が、これも相談に行けば法務省の入管は、その後力強い味方になってくれるという話もあります。



「現地の大使館? 外務省がどうこう言ったって、法務省がいいと言ったら認めないとならないんだ!」ということです。







とにかく結婚式に立ち会わせていただいて、面白かったのが、パサイ市の場合は市役所に行ってからの裁判長の立ち振る舞い。


日本のように書類を役所提出受理というのじゃないですからね、どうするのかな~と想っていると、裁判長が神父さんもかねちゃうんですね。



裁判長としての質問や意見を陳べる。そして神父のような言い回しで、夫婦の愛の確認と宣誓………。指輪の交換。愛のくちづけ…………。




まぁ~ 裁判長さ~ん。 素敵~ です。





嗚呼、そうそう


写真のように平服でいいのです。

襟付きのシャツで清潔であれば………フィリピン人になるわけではないのですから、無駄なお金は使わなくてもいいのです。



「そんなお金、もったいない」………………なんて賢い妻だ。



新婦だって見栄を張らなければ、清楚で普段も着れる服でいいのです。




しかし、華やかに結婚式をあげたい人も居るでしょう?

いいですよ。ご自由に。マニラ大聖堂なんて結婚式もありますものね。









【関連ブログ記事】



「フィリピン人との結婚には、いくらお金がかかるのか?」

フィリピン人との結婚は、総額一万ペソもかからない!【結婚費用】

結婚手続きは、自分でやってみよう! 【日本大使館編】

シティーホールでの結婚って、裁判長が神父も兼ねるのです。【裁判所での結婚】














"You Tube"本当に面白いですね。


自分でも新しくビデオカメラなど購入して…………。などと考えていますが「たとえ1円でも道に落ちていない」の声が、頭の中で堺方面から響きます。


そう言っても「百聞は一見にしかず」しかも一見の写真よりは情報量が多い動画の方が、観ていただく方にも言葉足らずでも理解いただきやすいと考えています。
まぁ~ カメラの動画モードでしばらくしのぎながら、機材の選定を楽しむことにしましょうか?





PowerShot TX1 4月中旬の発売です。



第298回:キヤノンが繰り出す動画デジカメ!? PowerShot TX1
~ ビデオカメラとは全く違った方向の動画撮影 ~





スポンサーサイト


リンク依頼をいただいた Blog『luの勉強記録。フィリピン-バギオ留学日記』を見に行きました。










C-POINTからクラーク空港のジプニー運航経路に関する記事が掲載されていました。




いいですね。ひとに紹介するのは「自慢したい」からじゃなく、情報を共有したいから。分かりやすく図示されています。



ひとなりが伝わって来ます。




『luの勉強記録。フィリピン-バギオ留学日記』




フィリピン-クラーク空港 マップ


http://plaza.rakuten.co.jp/shikalu/diary/200703130000/





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。