マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2007/01123456789101112131415161718192021222324252627282007/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










フィリピンの麺料理。非常に美味くないですね。
何故なのか不思議に想っていたのです。
答はビデオの中にありました。



小麦粉に水、卵、塩、砂糖…………。
砂糖が入っちゃっています。



それをミキサーで混ぜって、伸して一定幅に切って、かろうじて2枚重ねで圧延。それを切り出すだけなんです。
この圧延が弱いのですね。
このコシの弱いのを、干すことでコシをつける。
こんなところです。














ご自分のブログにYOU Tubeを取り入れてみませんか?






数年前セブに移住して蕎麦屋さんを開業した人の使っていた製麺機が、中国人に売れたという話がありました。

小型機械で24時間稼働すれば、日産2000食以上は生産可能でしょう。

抜け目の無い中国商人の製麺所から生産される中華麺。

何処かの店の料理となって、私たちの口に届いているのかも知れませんね。
粉から造れば、麺もパンもたこ焼きも儲かるのです。



「そんなに言うなら、オマエがフィリピンでやれよ!」ですか?


原材料の調達、日本からの機械の輸送と業者特定、電気工事。技術的条件や通関搬入設置の下調べは総て終えているのです。

ご希望の方があればいつでも製造法は伝授しますが、自分でフィリピンに骨を埋める気になりませんと、なかなか難しいものがあります。
何せ先の読めないこと。「不確定な要素多々」な、フィリピンであります。






http://en.wikipedia.org/wiki/Abra_(province)


























スポンサーサイト





『フィリピン人は…………」

機会あるごとにそんな言葉を耳にします。



以外と自分も「他人のせい」にしてることは有りませんか?」
何でも他人のせい・他人任せでは「本当」が、見えて来ません。

そこで、その方は同じ日本人に質問します。

ところが、尋ねたヒトそれぞれで返って来る答が違うんです。
そんな経験はございませんか?








それぞれが、違う方法で通って来た道を、伝えてくれてるんです。



「誰々に聞けば…………こう言いました。」

「あれこれに聞けば…………こうだった。」



どれも本当なんでしょうね。

ところが内容が、誰かに依頼して手数料が加えられていたり、そのことに精通していないフィリピン情報に振り回されたり、ひとそれぞれで違っているのです。





日本大使館ですから、書類も相談も日本語で大丈夫です。






同じことを同じようにすれば、どれも正しいことのでしょう。




『日本人とフィリピン人女性との結婚』ということがあります。

本当は経費としては『いくら』かかるのでしょう?


誰かに頼んでも、ご両人の申請書類の準備は、本人達がやることです。
それをマニラ日本大使館に申請するのもご自分たちです。
申請書類の書き方は、大使館に『日本語』で書いてあります。



最後は、メトロマニラであればそれぞれのシティーホール(市役所)に赴いて、婚姻に反対する人が現れないことを確認する公示期間の経過を待って…………晴れて結婚。

そんなことです。









ところがいろんな声が聞こえて来ます。



「外国人の場合は10万ペソかかるらしいよ。」


「結婚式にも、お金が5万ペソ…………。」



さてさて…………。




こういった問題でのキーワードは、『フィリピン人(同士)ならば、どうだろう?』です。

結婚も、自動車運転免許も、フィリピンの役所の手数料なんて


『フィリピン人市民が払える料金だ。』です。




そうでなければ、フィリピン人同士の場合は、結婚も結婚式もとても高額で、出来ない。あげられない。ということになってしまいます。


結婚式をあげるより、その経費を別な目的に使いたい。そんなお二人もいるはずです。


070208-4070208-5

070208-6070208-7

070208-8070208-9

書類画像は拡大できます。





そこから考えると、どの国でも常識的な役所の手数料は出て来きます。

自動車運転免許が、パソコンを使って免許証の台紙を使って、〆て締めて麻薬検査料込み1000ペソ程度。婚姻は紙の書類。日本大使館での料金も含めて1000ペソ前後、そんなものです。



『自分のできることは、ご自分でやってみる』


疑問があれば自分で調べてみる。そんなことでしょう。




本当はこういうことは、『マニラ生活電話帳』日刊マニラ新聞編の中に書いてあるのです。買っても良し、前年度版であれば立ち読みも良し。
それぞれの申請などの要件が、解りやすくまとめてあります。


パサイ市ブェンディア通りLRT(高架鉄道)すぐ近くの『ネモトレストラン』に置いてあります。ご一読ください。







【関連ブログ記事】




「フィリピン人との結婚には、いくらお金がかかるのか?」

フィリピン人との結婚は、総額一万ペソもかからない!【結婚費用】

結婚手続きは、自分でやってみよう! 【日本大使館編】

シティーホールでの結婚って、裁判長が神父も兼ねるのです。【裁判所での結婚】






[ OBANDO Bulacan ]




フィリピンの田舎の旅はいいな~。 

ホテル・食事はマニラ滞在費の1/2。

危ない? 

はじめの一歩を踏み出せば楽園。行ってみることです。
慣れるまでは、日系トラベル会社にガイドを頼む方法も
あるじゃないですか?













薬物依存者社会復帰ボランティア"ダルク"の苦悩






[FNN系列UHB 2007.2.8 18:28収録]





日本の刑務所の受刑者の半数が薬物事犯だといいます。
そして薬物依存は、処罰では対処できないと いいます。

薬物依存からの社会復帰ボランティア施設。
しかしその設置に ついての理解も難しい のが現状です。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。