マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2006/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評判の、カルロスに行って "BATCHOY"を、食べてみることにしました。









『コレステロール』という表現、日本の『カロリー』と同じ意味で使われることがあります。
美味いものとハイカロリーの関係。これは切っても切り離せません。神が与えた摂理です。ひとの美味しいと感じるものは、ハイカロリーに出来ているのです。









マクタン側から、オスメニアサークルを越え、州庁舎に向かって歩け歩けです。

何故って「フードは風土」どんな気候で、どんな人たちが、バッチョイを食べるのか?

興味があるところです。



カロリーの高い食べのもは、スポーツ選手や若者。過酷な環境で働く労働者にだけに支持されるわけでは無いのです。

暑いですからね。日常的に生活していても体力は必要です。

医師・医療関係者、企画立案などの行政担当者、教師・教授・大学研究者など、頭脳を使う職業も、カロリーを必要とします。












集中力と体力勝負の外科医などは、消化とバランスが良いハイカロリーな食べ物を好くします。


セブシティ・オスメニア周辺は白衣を着た学生や医療関係者が実に多いのです。そして州庁舎も大学などの教育機関も…………。






[ 拡大 ]





もともと"BATCHOY"は、パナイ島イロイロが発祥の地であることを、昨日ひと伝えに聞きました。 いつか" Iloilo "にも行かねば…………。




食べた感想です。

行ったのは、バッチョイの店『CARLO'S』

試食は『レギュラー』『スペシャル』の2種類としました。









スープの濃さはさほど濃くはなく、濃いのは味つけでした。

器は、メラミン樹脂製の直径15センチ程度のものが『レギュラーサイズ』
『スペシャル』は麺の量が増えるだけで、スープも同じく、入っているものに変わりはありません。










麺が増えるに連れて、味が薄くなっていました。おなじスープの量で、麺の量だけが違う。そんな感じです。

そこは良く出来たモノで、テーブルにはシルバースワン? 醤油と、胡椒が、バッチョイと一緒に運ばれて来ます。



「じゃあ”バッチョイ”ってなんだ?」ですよね。これはラーメンです。



スープに湯がかれた麺が入れられ、豚バラ、豚白モツ、野菜が上に載ります。香ばしい薫りは、大蒜のあげたものを刻んだものがかけられているからです。









麺は28番の角切りもの。圧延はほどほどです。

ラーメンとして考えるとすると、う~~~~ん。
それにしても南の島でラーメンが食べれるとは、なんとも不思議な気持ちです。



第2次世界大戦。日本の亜細亜侵攻。
かき氷が『ハロハロ』に、ラーメンが中国大陸に『十銭ソバ』の名で日本兵が逆伝承したように、旧日本軍兵士との関係もありうるのかな?

などと麺を啜りながら考えていました。








[ MAP ]




















◯ 友人がタイ旅行から日本へお戻りに………………。



話は食べ物の話題に………………。



後ろ髪ひかれています。なかでも麺料理の屋台の様子は興味がわきます。
茹で湯とスープがひとつの寸胴にに入っています。






茹でる時には湯が汚れて糊状にならないように、麺を下洗いして茹でるそうです。
リヤカーにつけた屋台の造作。どことなく日本のらーめん屋台。
チャルメラの音が聞こえてきそうです。

わたし、屋台文化ってのが、すご~~~~く 興味津々なんです。

行っちゃおうかな~








屋台のガラスケースに入った、食材の豊富さ。

テーブルに置かれた、調味料の数々。 タイの屋台は、凄いですね。





スポンサーサイト









『JINRO』です。



日本では乙類が古酒のように扱われていますが、私は焼酎は甲類がいいのです。
マニラではKTVに行くとこの『JINRO』が出て来ます。
やっぱり売れてるのは、甲類なんでしょうね。


酒税法の関係で、日本の甲類焼中も高くなりました。
免税で購入すればいくらで購入できるのでしょうね。


もっと言うなら、イモや澱粉カスを発行させて造ったアルコールを蒸留したものでしょうから、これで酒税法、アルコール販売の諸税を除いて外国で造ったり輸出できれば、奇麗な美味い日本焼酎もフィリピンでありでは?などと想うのです。



サンミゲールとキリンビール。そのうちKIRINが美味い奇麗な、甲類焼酎の製造販売も初めてくれれば、めでたしめでたしです。


『JINRO』ができて『JAPAN』ができないことも無いでしょうし、そう悪くないマーケットでしょう。

フィリピンというよりは、日本の酒税法が鍵のようにも感じます。世界に通用するホワイトリカーと競争力を!
そんなところです。




フィリピンにはビジネスチャンスが無い?そんなことはないでしょう。


日本人がフィリピンで選択する甲類焼酎『JINRO』
この『JINRO』を、マニラでいくらで購入できるのかな?というのが今回の疑問。
というのも、私たち飲み屋に持ち込むことが多いものでして…………。


モノの市場売価を知ることができれば、売価を通じてその店の掛け率や店のスタンスが判ろうと言うもの。日本の居酒屋では1.5~2倍程度の掛け率ですから、その店のありようが見えて来ます。











「"JINRO"の売価知っている?」

「200ぺそだよ、200ペソ!」


「エ~」




それで教えてもらった場所で、酒屋を捜したんですけどね。無いんです。
嘘をいう友人ではないので、さらに探す探す。
それでついに見つけました。




『JINRO』190PHPでした。




お店は、Pan Pacific Hotel のすぐ横。しかも素敵に24時間営業。
でもお店の名前ハングル語で読めませ~ン。



『EIE』でいいのかな~?



まぁ~写真を参考に行ってみてください。







*日本国内では、焼酎は酒税法で甲類と乙類の2種類に大別されます。甲類は連続蒸留器で蒸留された高純度のエチルアルコールをアルコール度数36%未満まで水で薄めたものでホワイトリカーとも呼ばれます。蒸留を繰り返す過程で不純物が取り除かれるので香りや味がないことから、カクテルベースに広く使用されています。


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。