マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2006/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたをいい夢心地の世界へ 熟女・目隠し・ハイリッチ。
それぞれのコースの中からお選びください。
あなたを夢心地で悦楽の世界へお招きします。








[ 盲人たちの営むマッサージ店です。後ろのボードの裏が施術所です ]









なんてセブ空港の出発ロビー内のマッサージ屋さんです。
盲人の皆さんの営むマッサージ店と、もう一方は看板も何も大掛かり。
盲人たちの店は、まるでもう一方の店の係の一部みたいにしか観えません。





[ 看板はっきりのもう一方の右隣マッサージ店 ]





[ 画像悪くてごめんなさい。料金表を拡大しました。 ]





でもれっきとした別のマッサージのお店なんです。
とても上手ですよ。しかも男性ですから力強い。
勿論女性には、女性スタッフが施術してくれます。

ところでお値段も比較してみてくださいね。
お判りでしょうか?




[ ちょっと如何なものかの雰囲気を醸し出すオバちゃんのいるお店 ]








このほか出発のチェックを受ける前の空港内にも、こんな何やら不思議な雰囲気を醸し出す、熟女のマッサージ店もあります。

あなたは、どのお店でマッサージサービスをお望みですか?
私は断然、盲目の達人のお店をお勧めします。
あまり気持ちいいので、マニラ行きの航空機に乗り遅れそうでした。へへ。




















スポンサーサイト




安い航空券をセブパシフィクエアーのサイトから、手に入れることができた貴男(貴女)

早速ドメスティックエアポートへ行きましょう。







[ 国内線 ドメスティック空港 MAP ]







[ ドエスティック空港施設外観 ]





eチケットのmailをプリントアウトしたものか、パソコンのディスプレイを開いて、空港内に入ります。



ゲートでは空港警備がチケットと名前を確認します。
ですから、空港へは顔写真付きのあなたの名前が書かれているIDが必要です。


パスポートでも良いのですが、ここで先日の自動車運転免許証が役立つわけです。
免許証ならパスポートのよりは扱い重要度が違いますものね。


もちろん自動車運転免許証の利用価値はこんなものに留まらず。でもここでは、秘密にしておきましょう。







写真にはありませんが、1回目のX線による持ち物と金属探知機による身体検査ゲートを通過します。



その足でセブパシフィックエアーのチェックインカウンターで、登場手続きをお済ませください。






[ セブパシフィックエアーのチェックインカウンター ]





次に空港税を支払います。
空港税を支払うと、次は2回目のセキュリティー検査です。








とこうなるのですが、チェックインカウンターで出発便の遅れがありましたので、空港税を払って空港外に出て食事をしました。
食事の後は再度第1回目の保安検査ゲートから入って、第2回目の保安検査へとすすむことになります。




空港出発ロビーです。写真撮影者後部に喫煙スペースがあります。
画像右手上部にモニターがありますから、搭乗機の状況をご確認ください。






[ ドメスティック空港出発ロビー ]





さぁ!搭乗開始です。
南の島への旅が、あなたに幸せをもたらすことを願っています。
それでは、行ってらっしゃいませ。




[ 可愛いフィリピーナ?素敵な青年?南の島があなたを待っています ]





なお、成田発フィリピン航空のセブ乗り換えやキャセイの乗り換えは、『ゴトSUNのセブ島旅行情報』のセブの行き方  Mr.guwapoさんのご記述をご覧ください。



















今回のセブ旅行は一週間前からの企て。
ご一緒させてもらう友人とのスケジュールの調整はむずかしいのです。

もっともいつでもOK!の生き方をしている人同士では、今回の旅行の話もなかったのかもしれませんね。そうでもないか?

でも修学旅行。遠足の気分。最初からルンルンでした。







mailや電話で打ち合わせが続きました。

「航空券どうしましょうか?」



セブパシフィックのホームページでは568ペソですね。」

「ホテルの関係もあるから、一緒にチケット発券してもらいましょうか?」



「そうですね。」



ところがところがなんです。
マニラーセブ間の航空チケットに誤算が発生しました。
セブパシフィックエアーのホームページの価格は、プロモレートで指定枠があって残数に変更がおこるんです。





PHP568が次の打ち合わせではPHP688に、そして旅行社のチケット手配ではPHP1000近くまで




「う~ん」です。



そこで今回の旅行をとおしてわかったことは、『Cebu Pacific Air のホームページ』から、オンラインで予約し『eチケット発券』を受けることが一番速く価格が安いことです。



『自動車免許の翻訳証明』につけていただいたコメントでも明らかなように、自分でできることは自分でやる方が迅速かつ経費が安くつきます。







『自動車免許の翻訳証明』でもひとに頼むと手数料は1万円とも3万円とも聞きます。
日本領事館に提出する書類を準備するのはご自分です。
代書屋さん?は、その整えた書類を日本語で書かれた申請書類に記入して提出するだけなのです。

ご自分で簡単にできることは、自分でしてみる。わからなきゃ聞けばいいじゃないですか?



そんなんで『Cebu Pacific Air のホームページ』から南の国行きのチケットを購入してみてください。
わからない時は、ホームページの左矢印のところに記載手順が書かれています。





[ Cebu Pacific Air のホームページ ]





やり方は至って簡単。VISAやMasterCardのクレジットカードがあればOK!です。

ちなみにマニラーセブ間の安いチケットはPHP568なんですけどね、これで行けちゃうわけじゃないのです。このほかに税金などがついてきます。
この税金が高いのです。
下の詳細をご覧ください。ね!税金の方が高いでしょう。吃驚です。

でもこれであなたも南の国の南の島に。
あなたのパラダイスはどこにあるのでしょうか? マニラを離れてみるのもいいもんです。








[ 税金その他が航空料金の倍。高いですね~ まっいいか~です。 ]






























日本の自動車免許証を持っていて、かつフィリピンで自動車を運転したい場合は、国際免許証かフィリピンLTO発行の自動車免許証が必要になります。

でも紙のデカイ国際免許証は、格好悪いですよね。


それにパスポートに換えて、現地住所のIDとしても活用できます。この意味わかりますよね。






[ フィリピンの自動車免許証をつくりましょう ]





それで今回は、その手続きについての紹介です。


1、最初に在マニラ日本総領事館に赴き、日本の自動車運転免許証の翻訳証明書を発行してもらいます。


必要なのは(1)日本の自動車運転免許証と(2)パスポート(3)お金です。


まにら新聞社発行の『マニラ生活電話帳』載っていますから参考にしてください。この『マニラ生活電話帳』すごくいいですよ。便利です。取り扱いは『ネモトレストラン』でどうぞ。




[ 手数料は現在変わっているとおもいます。お確かめください。 ]




パスポートは日本総領事館に入る時に必要です。もっとも外国人は常時携行が義務づけられていますがね。通常はコピーでOKです。

そこで身体検査をうけてゲートから大使館に入ります。

入ってすぐ左側に受付番号発行機がありますから、受付をしてください。





[ 受付番号発行機 ]




大使館の左の入り口が、翻訳証明や結婚の手続きの場所です。




[ 在マニラ日本総領事館 ]





[ 番号が呼ばれたら自動車運転免許の翻訳証明を申請ください ]





[ 免許証と引き換えに『証明書関係引換券』が発行されます ]






指定された時刻に翻訳証明を取りに行きます。






[ 自動車運転免許の翻訳証明書 ]





[ 領収書 このときは1050ペソでした。 ]






2、この『自動車運転免許の翻訳証明書』をもってケソンのLTOに行きます。

LTOには、ランニング、サンダル姿では入れません。要注意!



LTO ( Land Transportation Office)
East Aveneu , Quezon City






[ LTO MAP ]





[ LTOの見取り図です。NORTHERN LICENSING CENTERに向かいます ]





[ LTO NORTHERN LICENSING CENTER ]





ここで申請書類を購入しまして「麻薬検査」に向かいます。
幾ら払ったか覚えてないのですが、このとき検査費用も払ったはずです。

(この後は、お金を一切払った記憶がありません)



この方法と先に検査を終わらせてから、ここに来る方法もあるそうです。
どちらでもどうぞ!



裏門から外に出ます。「民間の薬物検査所」がありますから、検査を受けてください。体重・身長・視力、尿採取など薬物中毒はないかの検査です。





[ 薬物検査所のある通り風景 ]





[ 薬物検査の看板のあるところで検査をどうぞ ]




LTO-薬物検査1LTO-薬物検査2





戻って薬物検査結果と申請書類を提出します。
名前が呼ばれて、サインと顔写真が撮影されます。再度名前が呼ばれてフィリピンの「自動車運転免許証」が交付されます。






[ 申請・交付窓口 ]





[ LTO 発行の領収書 ]




これでめでたく、車も運転することができますね。いいことです。
さらにいいことには…………。

この「自動車運転免許証」いろんなお得な使い方が沢山あります。

「どんな使い方が?」

その質問にはお答えしかねます。 ではでわ。




(注)申請・交付窓口 を「代えることで手続きが簡単になる」とのコメントを[Manila love]にいただいています。 参考ください。[ 追記2006.7.18]



セントラルLTOは、SANTAさんが行かれた(NORTHERN LICENSING CENTER)のすぐ隣です。

ドラッグテストも、建物の外に沢山あり何処も250ペソくらい。

ドラッグテストが終わったら、11番のカウンターに行って申請書を貰い記入及び申請。
しばらくすると8番からマイクで呼ばれ、支払いをします。
その後2回9番カウンターで写真撮影とサインをします。
30分くらいで免許(IDカード)が貰えます。

ローカルLTOの良い所は、申請者が少ない為場所によっては手続きが速く済みます。
しかし、ほとんど最初はテンポラリー免許ですぐにIDカードが貰えません。
又、記載事項に変更があった場合や間違っている時の訂正などすべてセントラルLTO経由になるので時間がかかります。

ですから、最初からセントラルLTOへ行かれた方が合理的です。

あと『NON-PROFESSIONAL』から『PROFESSIONAL』へ変更するには、NBIクリアランスと当地でビジネスをしている証明が必要となります。

まあ、ビジネスの証明は「気持ち」でなんとかなると思いますがNBIクリアランスは取得しなければなりません。

『NON-PROFESSIONAL』取得後、たしか5ヶ月以上経過すれば変更出来たと思います。

{追記2006.7.19 プンプンさんから戴いたコメントを転記] プンプンさんのコメントに感謝します。




【追記2007.1】薬物検査場の場所変更と受付場所の変更について

下記リンクをご覧ください。

○ LTOで麻薬検査と自動車運転免許証の更新手続きをして来ました。

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。