マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2006/051234567891011121314151617181920212223242526272829302006/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余程、風が強くなければ、雨は気にならないマニラです。
雨が気にならないというのは、濡れなければよいの話。
傘があればいいのです。

人がさす雨傘の話ではありません。
露店の客席の上にさす大傘のことです。






[ 開店前なので、まだ傘はさされていません ]





雨が降ってくれば、傘の高さを下げてもらいちょっとしたテント状態。雨が上がれば傘を高くしに店員さんが、やって来てくれます。

風で雨は流れます。傘の高さで雨の流れる範囲を調節しているのです。



マニラも夜になれば、涼しくなります。
少しばかりは、風があればより気持ちがいいわけで、普段日本で飲むことの無いビールを、私めご当地流に氷入りで飲んでいます。







[ ちゃんと下ごしらえが出来てるでしょう。そして豊富な品揃え ]





サンミゲールビールを氷入りで飲むことの機会は、滞在中の水分補給料からいえばミネラルウオーターより遥かに多いのです。

フィリピンに初めて来た時「氷はナチュラルウオーターで造るからお腹を痛める?」という話もありましたが、実際は逆浸透膜濾過水を使って製造したものを、購入してる飲食店が多いのです。



逆浸透膜とは以前も書きましたが、NASAの宇宙船で使っている濾過方式、日本の有名繊維企業の海水を真水にする技術です。







[ 甘いタレはどうも……。塩気が薄いときには塩をもらいます。 ]





そんなことで、好んで氷をグラスに入れて、サンミゲールビールを注いで、キリキリに冷えた奴で喉を潤すのが楽しみです。


ビールの水割り。


これで酔いたりないというときには、付近の酒屋やコンビニでドライジンやジンロを買って来ます。
この買って来たドライジンもしくはジンロを、氷入りのグラスに適量。サンミゲールを注ぎ入れて割ります。

丁度日本に帰国したときに飲む、焼酎とホッピーですね。



マニラで、「ミーナのホッピー一丁!」です。







[ 実際の方が写真映りより旨そうです。塩焼きしたものを塩か辛醤油でどうぞ ]





焼酎とホッピーと来れば焼き鳥です。
残念ながら『煮込み』はありません。『煮込み』に山椒を沢山掛けて風味豊かにピリット来る辛さで食べる。
東京の『加賀屋』で教わった食べ方です。



サンミゲール(ピルセン)の瓶は、ホッピーの瓶に良く似てますよね。

好んで行く店は、サンミゲール(ピルセン)が22ペソ、サンミゲール(ライト)が29ペソ。この界隈のお店はというとサンミゲール(ピルセン)が24ペソ、サンミゲール(ライト)が31ペソ。

日本人にとってはそう違いはないでしょうが、ちなみにサンミゲール(ピルセン)が19ペソでコンビニで売っていましたから、仕入れ価格はどのくらいかご想像ください。






[ 日本では通称『爆弾』チャンポンとハロハロいいじゃないですか? ]





私流のチップの置き方は、チャイナタウンではほとんどチップを置きません。
インチック=中国人がそうしないからそれにならっています。
日本料飲店の場合はKTVも含めてサービスチャージが別に加算されるか、包含されていますので、此処でもキッチリ置きません。

そんなことで、チップはサービス料をとらない、含まないローカルなお店にだけ置くことにしています。

これは私の個人的なこと………チップはこころざし。 100万円でも200万円でも貴男の気分次第でどうぞです。


余談ですが、お店でお支払いを終えると、おつりを小銭で出してくる店があります。
これは………『チップに置いて行け!』と言うことなのでしょうが、実は小銭が大切なのです。

小銭がないために、20ペソで払うことになることになることも………です。
ゆえに時には、その小銭のおつりを受け取って、20ペソをチップに置くこともあるのです。






[ 加賀屋(東京)モツ煮込みとホッピー ]








焼き鳥は?というとひと串20ペソ程度、他店で8ペソのBBQもありますが、商品と値段でコストパフォーマンスは決まるものです。場所ってことも付加価値ですね。


同一商品のSMB(サンミゲールビール)と一緒というわけにはいかないので、そのお店の焼き鳥orBBQ(バーベキュー)とお値段をご判断ください。

私は、甘いタレが嫌いなので、塩と胡椒で砂肝とハツを焼いてもらいます。

ちなみにフィリピンには岩塩しかないというのは、まったくの嘘。精製塩もあります。
サラサラしてましたから、こちらは海の『にがり』含有成分ミネラルは、含まれていないのかな。







[ 加賀屋(東京)モツ焼きーハツ ]




その店には『四つ足白モツ』が無いので、豚の耳をタレで注文。 大好きな茄子焼き(ベーコンまき)もあるんですよ。


さてさてそんなお店を、インスタントフィリピンパブに変えてしまいました。(続く)







[Payonpayon : 直訳すれば傘々でしょうか?]


















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。