マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。













「SANTAさんは、タイが好きですよね」


そう言われました。



『タイが』ではなく、彼の意図したのは『大河』

大河ドラマ。大型時代劇のことであります。
最初から言葉遊びで「ごめんね」であります。



そう言われると、見ていますね。
旅行や出張中では、ハードディスクに録画までして見ています。



いわゆる大河ドラマは、今の日本ではNHKの『平清盛』ですが、韓国王朝歴史劇の『トンイ』『イサン』まで含めると、韓国制作や中国制作の動画を見る機会の方が、断然多くなっていると思っています。

制作費を考えると、日本ではカネが掛かりすぎるのでしょうかね?



そんなことで、『GyaO!』が、Yahoo japanとチョメチョメしてからというもの、MACでも見れるようになりましたから、韓国、中国歴史絵巻にどっぷりとハマっています。

ちなみに『GyaO!』は、海外からは見えないようです。



中国、韓国の大陸からの大型歴史ドラマから、その国の歴史や日本の位置も観えてきます。




それと岸和田を舞台とした『カーネーション』は、終わってしまいましたが、その後の朝ドラ、東京・大田区・蒲田を舞台とした『梅ちゃん先生』どちらも、思うところがあって楽しんでいます。



新しく始まった『梅ちゃん先生』は、敗戦直後の東京下町を舞台にしています。
敗戦後の焼け跡。アメリカ進駐軍の兵にチョコレートをねだる、飢えた父母を亡くした孤児たち。

これはNHK国際放送でも見えますから、フィリピンでも見れるひとも多いはずです。

このころの時代や日本人の生活。

フィリピンのスクワッター居住区ならずとも、日本風のカラオケバーで働くホステスたちが、すがる。ねだる。の背景や育まれて来た生活と重なるところが多いのと同時に、フィリピン人の多くの人々が、日本の敗戦直後と同じ生活環境から脱することが出来ていないことを感じています。

フィリピンの底辺や、風俗周辺を知りたければ、日本の敗戦前後からの昭和20年代を見ておくといいですね。



「何のことだ?」と言いますと、ここから日本の敗戦後の復興がはじまります。

フィリピンで生活が大変だという日本人や日本語を常用語とする「日本人」

立ち上がり、前に進むヒントやエネルギーは、この時代の日本に隠されていると思っています。



















スポンサーサイト




日本も老いが進んでいます。右肩上がりではないのです。
自分が居なくなることを前提に、新たに造ること無く
身の回りの片付けを意識することが、見てとれます。

動けるうちに、後進に道を譲り、渡すものを渡すですね。















春分の日

南から桜の開花の話も聞こえて来ました。

昨年の同じ時期ならば、震災直後。

花見の帰国どころではなく、フィリピン現地で渡航中止のお客様の手配や、帰国するフィリピン人家族の世話に追われていた人も居ました。




「LCCで、フィリピンまでは安く来れます。」そんなことを言う人がいます。




フィリピン人じゃないのですし、日本に再入国出来ない人じゃないのであれば、そんなことを言わないで、アナタが日本に年に一度くらい帰っていらっしゃいな。


2年越しの帰国と花見。
故郷で待つ家族とともに日本で花見が出来る人は、フィリピンでも良い生活環境に居る人なのかもしれませんね。




日本も変わりましたよ。

震災、原発事故以来の日本。
関西では多くを感じることが出来ないのかもしれませんが、首都圏でもその変化を見てとれます。


日本の変化を見れば、フィリピンへの渡航者減少も理解出来るというものです。


気温の変化の少ないところでの生活。
日々の変化の無い生活環境。自分の変化も周囲の変化にも疎くなるものです。




日本の故郷の桜の咲く季節。

今年こそ、日本に帰国されてみてはいかがですか?






































楽しい~請け合い人。


最近の友人であります。


楽しい請負人ではありません。
飲みに行った先で、周囲のフィリピンを始め、多国籍な人々を楽しくさせるのです。


先日も緊張顔の韓国人青年を、このるつぼに誘い込んでいました。
最初は、むっつり、ハニカミ顔で接客女性を近づけないようにしていた青年まで、途中からみずから「あの娘と踊りたい」ですからね。



「指名、ドリンク、ありがとうございます。」



キャバレーなら、そんなアナウンスが流れそうな光景でした。



こんなんじゃなかったよな? 腰が低くて低姿勢だったけど、こんなんじゃない。

いや~内含していたのですかね。



私から見て、明らかな 楽しい~請け合い人を開眼して行ったのは、昨年暮れ。
とある日系KTVの運営に、助言を与えて欲しいというお願いを受けた頃からですかね。
給与も報酬も一切無く関わっていました。


そこで愉快、楽しいになったフィリピン人アメリカ人のお客様。


「また来るね。次は何時居るの?」

「会社のパーティーに来て欲しい」


なんだかだで、個人的なネットワークをアナログ的に拡大です。






男だけで飲んでいた自称警察官の一団。
こじんまりと飲んでいたのですが、彼がライブバンドの娘に曲のリクエストを入れます。

事態は一変。気が狂ったような歓喜で彼らが踊りだしました。



「わっはっは………………」



上着を脱ぎ捨ててしまいましたからね。



「俺もですか?」

「撮影中でしょう?」


「男に手を引かれて引き摺られる」変な気持ち。




店は狭くはないんですよ。300名ぐらいは余裕で入ります。
その中心部が、そんな具合で占拠された塩梅ですから、あちらこちらからお呼びが掛かります。

中には、あららららもう、一つの小父さんライブバンドメンバーを、私製バンドのように飲んでいた、事業家の一団。
カネある力ある有力者には、店も店のスタッフも扱い方も取り巻き方も違うのです。

お招きをうけました。



帰りはお抱えの車で、送っていただきましたよ。


フィリピンへのサーモンの輸入を、一手に行っている中国系のフィリピン人なのだそうです。



楽しい~請け合い人。
しっかりと、なにか掴まれましたね。





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。