マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




マカティ ハンドル バーにて






近所のスーパーマーケットのひとつが、また潰れました。
会社更生法手続きと、在庫一掃セールが開催されています。
普段は買いに来ない人たちも、何処で聞いたのか? 砂糖に群がる蟻のようです。


「お前は?」


私、こういうところに行くと、何かパワーを吸い取られるようで、嫌なんです。もっとも食材なら普段から安く買えることです。
嫌な光景を目にすることもないでしょう。





マニラ・エルミタ………名の通った日系KTVが営業を続けながら売りに出ています。売り抜く………出来るだけ高く、買い手が着くうちに金に換えた方が良いのに決まっています。


フィリピン在住者の日本人の店の多くは賃貸物件。法人、妻名義でもなければ土地の取得ができないのですからそうなります。

いざ設備・内装なんて売ろうとしてもゴミor二足三文。所詮持って行けないものをカネに替えることが出来れば………この先投資したお金を何年で回収すると計算しているのか不明ですが、客単価の低下傾向の見えるメトロマニラで、買ってくれる奇特な日本人にでも売れれば、結構なことです。



「でも、マビニ通りのあの店までがね~」です。




日系KTVの方向は2極化。セット料金を安くして、何がなんでも集客して営業を継続したいとするところと、内装工事を見た目「豪華」に安く上げ、さも価値があるようにみせて高値で店そのものを、売り抜こうとする不動産屋商売。


しかし幾ら豪華にみせても、GROの給与は僅か一ヶ月で日給100ペソ下落。
収支計画自体が練られていないその場シノギの耐力、財務体質の弱い状況が見えてきます。



私の晩酌予算額は、肴コミコミ500ペソ。
ドンドン下がれ居酒屋替わりのKTV。肴が適正価格で豊富なら、KTVも晩酌の選択肢に入って来るというものです。

ジンロ小瓶一本小売り売価80ペソを知った上で、氷その他の提供込で食堂売価で200ペソ。つまみ持ち込みで選択肢に入って来たというものです。

でもね。ローカルバーなら………………。
日本人としてのひいき目。がんばってください。










さて今日の話題は、また物欲。
会社で使う炊飯器です。炊飯器というより炊飯機能のある弁当箱ですね。
でもこんなんで、会社で水と電気使われて、労使せめぎ合いの様相ですね。



それでも社員食堂を提供するよりいっかー

旨い米を買って、炊きたてのご飯を、オフィスや現場で食べる。
炊きたてのご飯なら、おかずなんて副次的。
作業現場の鉄骨の上で、作業員の数だけ列んだ弁当箱型炊飯器が、シューシューいっている光景………目に浮かぶようじゃありませんか?



AC電源変換器は必要ですが、これなら海外でも小型軽量でいけます。

今までのトラベルクッカーでは、米は美味く炊けないしね。

飲み屋に行ったつもりで購入して、一度遊ぶだけでも暇つぶしに貢献。
「外食費用ももったいない」の現代日本が生み出した商品であります。

興味津々の炊飯機能のある弁当箱の話でした。



















スポンサーサイト




『缶切り』です。



日本では缶切りなど、缶ビールや缶ドリンクと同じようにリングオプナーが、あらかじめついていますから簡単に開きます。

とんとご厄介になることもなくなった感が在ります。










なんてことではゴザイマセンが、フィリピンではコイツがないと缶詰は開けれないこともあるのです。


缶切りも売っていますが、形によっては航空機機内持ち込み禁止。
厄介なものです。

ホテルで借りるてもありますが、ホテルで缶づめをあけると限ったことでもありません。


そんなとき、この小型携帯型の『缶切り』は重宝します。




写真は、モノマガジンの出版社から出てる『続・ミリメシおかわり』の表紙と『とじ込み付録』の記事。

本を買うと『オマケ』でついて来るわけです。



「あぁ~そうなんだ」米軍の発明なんだ。


で、それで「キアポなどにあるミリタリーショップで売っているんだ」と納得です。












実は『缶詰』に缶切りが付いていない不幸に直面してから、数年前に買い求めて持ち歩いています。

過去記事にもあると思いますが「あんなもの5~10ペソ」と思っていたのですが…………。 以外と高かったの記憶があります。




話は変わりますが『α米』というのは、日本の発明。潜水艦設計者が、潜水艦のなかで火が使えない環境でご飯が食べれるようにの発明です。


日本は『α米』で、アメリカは『缶詰』で…………。

第二次世界大戦戦争、秘話の一つであります。



【参考】続・ミリメシ おかわり! ワールドムック637

販売価格 税込 1,200円
商品番号: 819843




兵士の給食・レーション 世界のミリメシを実食する 第2弾!
腹が減っては戦が出来ぬという格言がある程、軍事行動と食は深い関係がある。古今東西を問わず「軍隊と食」のエピソードは数多くあり、かのナポレオンが懸賞を賭けて「缶詰」を生んだのはその象徴ともよべます。そんな軍隊食を、各国のコンバットレーションをメインに紹介し大反響、一躍軍隊食=「ミリメシ」という言葉を世にしらしめた「世界のミリメシを実食する」の第2弾がついに登場!今回は、世界各国のレーション紹介はもちろん、自衛隊、米空軍に潜入取材敢行!最新の現場系ミリメシも詳しく紹介するほか、旧日本軍発祥「カレーライス」「肉じゃが」等の再現レシピも公開するなど、パワーアップしてお届けします。























DAUのバスターミナルから、裏道に抜けます。
昨日「面白いところ」と言ったのは、「可愛い女性がいる」という類いではなくて、ミリタリーショップの話です。




私め昔からこういう『日米衣料』のような米軍放出物資店は好きなのです。
日本でも、敗戦直後から方々にこういう店が点在して、安くて機能的なものが売られていました。
数十年経っても今でも使っているものは、弾薬ケース。工具箱として使っています。











マニラでこういうものを買おうとすると、遥々キアポまで行くことになります。



行く場合はパサイ・エルミタ方面からですと『クバオ』『キアポ』行きのジプニーに乗って、キアポ教会を過ぎた辺りで降ります。


道路対側に渡って、キアポ教会横を道伝いにあるくと、手錠だとか、ナイフだとか、ありとあらゆる軍・警察・セキュリティーガード用品が置いてあります。










アンへレスまでバス利用で行く方なら、わざわざキアポから延々歩かなくても、そんな店を小さくした感じの店が、DAUバスターミナル裏道には立ち並んでいます。



ナイフの類いは、航空機に乗る際に面倒くさそうな事になりそうですし、長さによっては日本国内法の『銃刀法』違反になりますのでご遠慮して、旅行に役立つ携帯小物を物色します。

昔の日本なら、当然のように缶詰についていた缶切りや、クッカーセット。マグライトや折りたたみ工具。結構それはそれは面白いのです。












今回の旅行では、料飲店を使わずに『自分でホテルで調理』して飲もうと旅行計画を設定したのです。


残念なことに調理設備つきホテルがマビニでは少なかったり、価格が見合わなかったりで実現しませんでしたが、小型の電気ヒーター(左官屋さんが冬使っているようなものの小型のもの)とクッカーがあれば、「海老やカニやアサリを茹でたりできたのに」と、チョイ残念です。



マニラのシーサイドマーケットで買い物をして、マーケット裏の調理店で調理してもらって材料費倍額が調理費の目安ですからね。


「それさえもケチっているのか?」と言われそうですが、心から旅を楽しんでいるだけなのです。












話しがどんどんずれて行っては困るので、この話の続きは後に廻しますが、お食事の相手がいなくて寂しければ、それはそれ。マニラなら、可愛い娘さんにお願いして酒のお相手を願うこともできるわけです。

そりゃ~アンへレスだって、2~300ペソ違いの同じことです。


遊び方の発想を逆転させて、ダンサーや適当な娘さんたちに、ホステスさんをしてもらう。これはこれで、かなり楽しく過ごせます。













話し相手がいて190ペソの「JINRO」があって、氷はや料理の素材と皿やグラスはスーパーマーケットで、日本の醤油から、調味料まで日本価格で揃います。



話し外れついでに、ホテルで皿とグラス、フォーク・スプーンを貸してもらいました。4セットで320ペソ。これならな新品を瀬戸物やガラス・ステンレス製で買っても同額です。












てなことで、SISIGの話しの途中で『DAU』のバスターミナルの裏の道沿いのミリタリーショップ。ちょっと覗いてみては如何でしょうか?の話しでした。


けっこう重宝ですよ。アメリカ軍御用達の折畳み式缶切り(30×3mm)。
フィリピン旅行では、缶切りは必須アイテムです。



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。