マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





次回のフィリピン旅行では、食に関してぜひとも行ってみたい所が2カ所あります。


ひとつは、JETさんお勧めのステーキ屋さんと、もう一軒は秘密。
アンへレスに行く目的が、行くまでもなくマニラで果たせてしまいます。
マニラに居ながら「アンヘレス』が、ぐっと近くになりそうです。








<新鮮・ピチピチ・青いまま…………食べ放題>

いいでしょう。新鮮な野菜が無料で食べ放題なのです。





それは後日の楽しみとして、バンコクで行きたかった所は『屋台』
屋台文化のナンタルカを垣間みたかったわけです。この屋台というのは惹かれます。


もともとお祭りの屋台にも興味が有りまして、限られたスペースと調理施設から造り出される『料理』?『お菓子』には、そのものと調理機材・施設なども含めて、興味しんしんです。








食。エネルギーを感じますね。




日本の祭りのそれは、食べ歩きですからメニューに限界がありますが、タイの『屋台』は限られたスペースから、魔法のように食べ物が飛び出して来そうです。



これは一を食して十を語るわけには行きませんから、ゆっくりと何回も行って食してみませんとね。



そんなわけで屋台のテーブル。これがよく出来ています。
何故だかぐらつかないのです。こんなことにも興味が湧く。これは職業意識以前の話し。

折り畳んだ設備で店ができる。実に素晴らしいじゃないですか。








屋台文化でも、設備は質素で清潔。
もっとも凄いのは機能的なのです。






『SONY』や『HONDA』のような町工場・小型・高機能と同じようなものを感じるのです。


勿論両者とも今では世界トップの企業ではありますが、落下傘でなくキノコの力を感じさせられます。



こんな憶いを書き記せば延々と…………。
フィリピン系の話しネタとしては興味の有る方は?どのくらい居ますことやら。



ちょっとバンコクの『風俗』の印象も書いておきますね。


『風俗』と言っても、フィリピンと同じように日本人経営の『KTV(日本人クラブ)』があり、米国文化の象徴の『ゴーゴーバー』があります。



『ストリート』もあれば『援交カフェ』も同じように存在します。
これに加えて古式マッサージとマッサージパーラー(MP)というのが…………ゆっくりと見学して来たご報告などを書いて行きましょう。





『マニラとバンコクを比較すると…………』



私は、バンコク行くまでは、量(規模)の大小の差こそあれ同類だと考えていたわけです。


やっぱり行って良かったですね。


『同類異種』括れば同じものですが、全く違う印象をうけた次第です。




フィリピンからイメージすると『KTV(日本人クラブ)』や『55』は、システムがおなじで料金の違いくらいの印象ですが、古式按摩(マッサージ)とマッサージパーラー(MP)、これは目から鱗ですね。 気持ちがよくて起こされるまで寝てしまいました。











<睨みを利かせた警察官。いいですね~>

乗り物はセグウエイですよ。良いものはすぐに取入れる。
ヨーロッパやアジア、人種も食も文化も集まっています。





ですから『マニラとバンコクを比較すると…………』は、その人がバンコクの「何処に行って」「何を観て」「何をされて来たのか」でその印象は大きく異なることでしょう。



『援交カフェ』のテーメーに行ったり、ナナプラザ、ソイカーボーイ辺りを徘徊していては、マニラのノリの延長線上に留まるわけで、入り口をチョロット触れた程度ですかね?



とてもこんなスタンスでは、掘り下げ解析不能な、場所と魅力のバンコクであります。




「巨大市場 バンコク市民の台所、見学に行くぞ~」


















スポンサーサイト

私が今回使用したのは、3泊4日のタイ国際航空のホテル・送迎・市内ツアー・航空運賃込みの『タイツアーチケット』です。



タイ国際航空の『タイツアーチケット』ですから、いろんなところで売り出していますから、どなたでもお安くご利用できます。














このチケットを利用して、昨年末に飛んでみました。
ホテルはこのツアー指定のホテルの中から、自分の都合で選択します。
私はソイ22 『リージェンシーパークホテル』を選択しました。



頭の中でバンコクの空港でイメージしていたのは、私の名前を書いたボードを高く振りかざした、送迎車両関係者が迎えにきてくれていることでした。



ところが『ゲートB』周辺にそのような人は見受けられませんでした。


探すこと10数分。友人も一生懸命探してくれています。



人影から声がします「Mr.SANTAですか?」












見るとトラベル会社の名前も無ければ、個人名も書かれていないボードの持ち主です。

よくよく見れば最上部のトラベル会社マークが向こう側に倒れて、裏からしか見えないようになっています。




「そうです」というと「こっちで待っていなさい」といいます。


何やら複数のツアー客を乗り合わせで、ホテルに送迎する雰囲気です。



このツアーは、最小催行人員が2名で送迎も2名分で設定してありますし、市内観光もセットです。他の1名分は追加で請求され、支払いも終わっています。


ですから『乗り合わせ』他の客をまってから…………は『???』なのであります。












2名分も支払っていますから、待ち合わせ直後に私と友人も乗せて『ホテルへGO!』をイメージしています。


友人は怒って『担当者の顔写真を添付して、購入代理店に抗議・弁済を要求すると』その場で顛末をメモし、担当者に事実確認のサインの記入を求めています。



すったもんだの末に埒があかないということで、タクシーでホテルに向かうことにしました。



【参考までに】1名ならば空港からのバスが安いのですが、2名ならば目的のホテルまでは、高速道路料金を支払ってもタクシーの方が安いのです。













問題はここから、とんだ私の誤算が発生です。



タイ語を聞くことも話すことも出来ない身としては、私は聾唖者と同じ『タイ旅行聾唖障害者』です。



以前ブログで私は、こう書き記したことがあります。



『研ぎすました観察力を武器に、自分を聾唖者だと考えればいいですよ』と












その程度で、旅行をひるんではいけません。




ところがタイでは、タイ語しか通じない人がいるのです。


『バベルの塔』の「神の怒りここに観た」です。


英語や日本語を片言でも理解しえるタイの人は、それなりに教育を受けられた方か日系企業、風俗産業に携わる人くらいでしょうか?


必要が言語を育む。です。











そんなわけで、タクシードライバーに『soi22』soi-twenty-twoが伝わりません。



22を指で示したり、文字で書いたり…………。



でも嬉しいのは、いきなり「メーター+50ペソ」だとか、走行中に「ガソリンを入れる」などと言わず、手振り身振りでコミュニケーションをとってくれて、相手の行き先を理解しようとして、目的地にお連れしようとするドライバーの姿でした。













ドライバーは『soi22』の通りに入って、英語表記のホテルクーポンを持って、道歩いている人を止めて尋ねてくれました。



おかげで無事に目的のホテルに到着することが出来ました。

感謝感謝です。



友人に【おつりを渡そうとしている】当然のことが、数時間前マニラからバンコクに飛んできた私たちには、新鮮な驚きとして感じたのでした。















【旅行聾唖者状態】 言葉・会話を訪問国で自由に交わせないこと。


タイ旅行の場合は、これに加えて三重苦、目も見えない盲目の心境になります。



というのは、公的表示やホテルを除いて英語で併記してくれてるものは少ないのです。タイでは、タイ語を『読めない』ということが『聴こえない』『話せない』に『見えない(読めない)』が加わります。














地図やガイドブックを購入される時には、タイ語(タイ文字)が、併記されたものをお買い求められた方が便利です。

日本語と英語の併記だけでは、道歩く人に示しても、彼らも読めないのです。



タイ語で併記があれば【ここ】【どこ】を、指で示してもらうことができますからね。




そして、タイにも『日本プライス』『英欧米プライス』は存在します。










日本発のタイ航空(TG)便と、バンコク発の便では機内食が違う!などという話しを書きたいのですが、そんな話しに興味のある人はあまりおられないでしょう?



そんなことよりマニラーバンコクのエアーチケットです。







(バンコク ソイカーボーイ路上にて)







マニラーバンコク運行の航空会社は

フィリピン航空(PR)
タイ国際航空(TG)
クウェート航空(KU) 
キャセイ・パシフィック航空(CX) 
ロイヤル・ブルネイ航空(BI)

と、我らがセブパシフィック航空(5J)なわけです。





フィリピンにあっさり見切りをつければ、日本の最寄りの空港よりバンコクへ格安航空券で直行の手もあるのですが、フィリピンに後ろ髪ひかれる方は、そのようなフライト状況です。













このうちキャセイ・パシフィック航空(CX)は、香港経由なのでチョイヨッコして…………
(CX)をヨッコしたらJALのマイルが貯まる航空会社が無くなってしまいました。



ご友人ご愛用は、タイ国際航空(TG)


私好きなのはセブパシフィック航空(5J)「頑張れ!セブパシフィック」です。

何が良いかと言うと、マニラーバンコクを他社より安く長時間飛んでいてくれるのです。しかも、機内食無し、ドリンク1本コッキリ。ダイエットには最適です。



(それって巡航速度が遅い、機内食を積む場が無いというだけなんですが…………えへへ)












そんなわけで、どうしても日本の航空会社のマイルをためたい方は、スターアライアンス加盟タイ国際航空(TG)のカードか、ANAマイレージカードをお作りいただくということでどうぞ。




航空運賃は往復3万円~と言ったところでしょうか?
http://www.pdi.co.th/date/4.html



我らがセブパシフィック航空(5J)も2万円~ということで頑張っていますが、期日曜日によってはOH!というくらいの価格になります。



そこで在マニラ日本旅行会社、ディスカバリーツアーのホームページです。あれれ昨日の砂浜を歩く表紙から以前の人魚に戻っています。


まぁ~そんな余計なことは気にせずに、です。

タイ国際航空利用で170ドル++ですか。いいですね。




ところでここで想うのです。航空料金もホテルもネットでの手配の進化は凄まじいものがあります。亜細亜圏でも海外他社では、ホテルは空室情況から予約決済もホームページ上でできてしまいます。







小者が大者を制することも、ネット販売では起こりえること
システムの出来不出来が勝敗を決しそうであります

(写真 バンコク新空港壁画)







カード手数料、そんなもの接客にお一人1時間も販売時間をとられるよりは、旅行会社にとっては安いことです。

サービス、必要経費の範疇です。損得を考えれば、お客様から頂戴してはいけません。




お客様が、航空会社の空席を確認し、予約を入れて発券をmailでお願いすれば、発券前にカード決済。

eチケットチケット発券。eチケット発券できないものは、お客様の宿泊ホテルにデリバリーとなります。




日系の旅行会社にチケットを買うたび行くのもカッタルイ。行く時間とタクシー代その他が余計にかかる…………当然世界各国のネット販売トラベル会社が競争相手です。

システムの高速高度化は、時代のニーズと競争に勝ち抜く条件でしょう?


決して小さい企業が淘汰されるわけではない。余計なことですが、ある在マカティ旅行社の動向が今となって気になる所です。









「あの~  量が少ないので3倍入れてください」

「いいですよ」(TGバンコク出発便にて)






もひとつ、昨夜のディスカバリーのホームページどうなったんだろう?

どこか、どこかのホームページデザインによく似ていました。もしかして…………。余計なことは詮索するまいです。



在マニラだけを見ていると、ネットでのチケット・ホテル販売の本当のライバルは見えて来ません。大きな社長より小さくても判断力のある社長です。

顧客は値段と迅速性。ネット上での決済とチケット手配の高度高速対応システム化を求めています。





(明日は、『とんだ誤算のマニラータイツアーセットチケット』についてです。)





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。