マニラ娘純情。Manila Photo Virgin. "好きですマニラ manila love..." White edition

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。













韓国政府(韓国大使館)による、在フィリピン韓国人の安全に関わる取り組みが、日本人である私たちにも見えて来ます。

フィリピンと韓国双方の経済的利害が適う形の、環境条件整備が進んでいます。



これからも日本人である私たちにも、その取り組みは伝わってくることでしょう。



主なることは、在フィリピン韓国人の安全。

安全でなければ、経済協力や投資、韓国企業の進出、韓国人の永住………………フィリピン人労働者の受け入れ、門戸拡大、農業産品の輸入拡大等々、叶う話も進みません。

資本とは言っても、カネだけを配るボランティアではありませんからね。
人も伴うことですから、在フィリピンの韓国人の経済活動に支障があってはならないということでしょう。



タイとフィリピンの経済発展の大きな違いは、海外からの投資に対して、憂慮する阻害要因の除去の取り組みの違いだと言う人が居ます。

自国への投資を呼び込み、雇用の場を創出し、慢性化する失業と雇用不安を除去する。
それを韓国に期待する。



言語で言えば、タイよりはフィリピンの方が取っつきやすい。
しかし、フィリピンはタイに大きく離されましたからね。



売春、薬物、賭博、銃器等等々と伴う暴力・犯罪、裏社会への取り組みが、加速するということでしょう?



主たる目的が、売春、薬物の観光客誘致よりは、経済投資、投資の拡大を重んじる。至極当然のことであります。

30万人在フィリピン韓国人と、留学生、観光者の安全や自由な経済活動の保証が、軍事的政治的立場の共通する、自由主義圏のアジア諸国を見渡したとき、フィリピンとしては韓国に期待するということです。





在フィリピンの日系のサービス産業も、日本人に加えて韓国人に顔を向ける状況が進んで来て行きます。

日系のサービス産業。旅行業などでは韓国企業がありますからね。
大きく舵をとるのでなければ、現実的には難しいものがあります。

飲食でも食事では、同じように韓国の飲食店があります。日本料理も韓国料理も基本的には大きな違いはありませんから、どんどん韓国人が日本料理店に来るという、大いなる期待は出来ないことでしょう。?


接客女性の伴うバーなどでは、店の経営者がどの国の人でも関係はないことです。

実際KTVと呼ばれるバーでも、日本人経営のもの、在日朝鮮人経営によるもの、韓国人経営によるもの、フィリピン人経営によるものと、大きく4つに分けることができます。

日系、「日系」の不採算店では、韓国人に経営権も移って行くことでしょう?



「わしは、韓国人と一緒の店は嫌なんだ!」



そうは言わないでください。

現実には日本語を常用で使っている店内でも、在日朝鮮人の経営するKTVで、韓国製カラオケ設備で、違和感無く歌い飲みしてるではありませんか?

むしろ大勢は、マビニ、エルミタ、マラテでは既にそのようになっていて、日本政府が在日本朝鮮人の通称名を使うことを、歴史的背景を持って認めていることから、日本国再入国許可証(茶色のパスポート)や自動車運転免許証、銀行口座でも日本人名と違わない漢字表記、呼称で発行され、「日本人」に対しても、貴方が気がつかないほど違和感を感じていないだけのことです。

加えて、日本に帰化した人たちや、結婚などで永住資格を獲た人たちので何代と代を重ねた人たちでは、わからないだけです。もっとも日本人でもどの国の人でも、人を見て接すればいいのであって、国籍や民族で人を見るという方がおかしなことです。
日本人でもおかしな人は多く見かけるフィリピンです。
外国人でも、優れた人、真っ当な人も大勢居る日本国内、フィリピンです。



もう既にそうなっている。コウさんは、高橋さんや広田さんであったり、キムさんは、金山さんであったり、サイさんは、斉藤さんであったりということです。
中国系朝鮮人という人もいますから、もともとはハングルではなく漢字表記名もあるのです。
最も、民族的自信と誇りに満ちて、朝鮮人としての名前を使う人知人友人が多いのも、私の周辺です。


フィリピンの韓国人およびカッコ付き「日本人」に馴染んでいられる。これからも馴染んで行くということでしょう?




そう言う私も、フィリピン渡航中は、韓国料理店で飲む機会が多くなっています。
フィリピンの調理店で飲む機会と五分五分の状態ですね。

韓国政府(韓国大使館)の取り組みと、フィリピン政府の対応からして、韓国人の経営する韓国料理店では、不要な危険に遭遇する機会は他の環境よりも、今は、実感的にまだ比較少ないといえる昨今です。

今は日本人にも、韓国料理店も、韓国食材店も、韓国旅行社も韓国企業も、外での災いから一時避難場所になりえているとも言えます。
韓国人と飲みに出ていて問題が発生した時は、韓国大使館に相談、救護、援助を求めればいいですからね。





この先は………………もっともっと、韓国人も現地の在日朝鮮人も、それぞれの関係の深度化が進むことでしょう。



フィリピンの日本環境とは、これまでも在日朝鮮人旅行者とフィリピン在住在日朝鮮人を多く含んだ「日本人」「日本人環境」であったわけですから、そう考えれば特異なことではありません。




セットアップやフレームアップに関して『日本人が同胞を喰いものにする』………………それが本当に日本人であったのか? カッコ付きの「日本人」であったのか? は、それぞれが判断すればよいことです。




カッコ付きの「日本人」の中には、私は日本人でなければ、同胞でもない。『同じ日本人では無い』と考える人がいても、不思議ではありません。

日本語を話して顔かたちが似ていても、日本人ではないのですから、日本大使館に移住の届けを出すことも無ければ、保護を求めることもないものです。

しかし、茶色や赤や黒のパスポートで、日本大使館に出入りすることは、日本人以外の「日本人」もできるのはこれまで同様です。




フィリピンの歓楽街で遊ぶ。韓国や「日本」に馴染んで行きましょうよ。

なにか問題や災難があれば、お相手が韓国系では韓国大使館です。


ですが………………これが「韓国」でも、在日朝鮮人の扱いについては難義なんだ。
北朝鮮系「日本人」ではなおさらですかね?




徐々に、韓国、フィリピン両政府の協議対応が、韓国警察官の5月からのフィリピン国家警察への派遣を通じて、深まって行くかもしれませんね?

日本の警察官は……過去に、バーの飲み食いで領収書公費負担で、ハニートラップに掛かっているからな~ 


まぁ~ 韓国政府(韓国大使館)は、本気ですから、違って行くことでしょう?


韓国料飲店も外国なんだから行き来しましょう。
フィリピン現地への韓国人留学生や、在住の韓国人と友人、知人へと発展するといいですね。

『情けは人のためならず』です。




てなことでもないですが、韓国人、中国人と、フィリピン人以外では同席の機会の多い、昨今の私めフィリピン滞在生活です。


















スポンサーサイト



子供を使った、物乞い商売。
恵まれた小銭がコップに貯り過ぎないように、
親が見張っていて適度の誘い銭を残して、回収しています。

子供の心に傷が入るよね。子供はそれも知らないで育つんだよね。













雪に捕まりました。

雪の中へスリップして真っ逆さま。さらにスリップして脱出不能。車の中で明るくなるのを待ちます。



雪道では、そんなことはシバシバ。
スピードが………………。とか、タイヤの減りが………………。とかは関係なく、総てが真っ白で対向車輛との衝突を避けようと、路肩に寄った。それだけのことです。


そんなこともあって、車の中には、スコップ、うす手の雨合羽、軍手、長靴、牽引ロープ、赤い毛布、水、透明ガムテープ………………等々が秋口から搭載です。


うす手の雨合羽とは、雪の中の脱出作業では汗をかくくらい寒くはないのです。
それより降雪が身体に着いて冷えた水となって、身体を冷やすことを防ぐためです。

赤い毛布とは、エンジンをかけることが、ガス中毒を発生するような状況の時に、エンジンを止めて暖をとるために、そして信号にも使えるものです。

水はね。雪を溶かせば水になるのですが、雪を含めば喉を潤すことも出来るのですが、水は水です。

透明ガムテープ。北海道では鹿も降って来ます。熊も居ますからね。


そんなことをせずにとも、JAFがあるじゃないか? 警察も消防もあるだろう? と思うでしょうが、状況によっては道路閉鎖、交通閉鎖。携帯電話も役に立たないこともあるです。救援も二時被害を考えます。吹雪や降雪がおさまり道路が開通すれば、通行車輛はやってきますからね。

車輛に完全に閉じ込められたら、それは窓をあけて除雪して脱出。赤い毛布を広げてまっていますわ。




ラジオを聞きます。

やっぱ、あちらでもこちらでも交通閉鎖。
こちらでは、救援用のクレーン車が作業中で道路閉鎖。「迂回路をご利用ください」ですって。

周囲が明るくなって、作業再開。脱出。


そうそう、タイヤと凍結路麺では4駆でもスリップして、もう一歩で脱出出来ない場合もあるんですが、そんな場合は、タイヤチェーン or 小砂利 or 木々の木片などいうのが決め手になります。そんなの雪道にあるのかというと、立ち木はありますよ。

私の場合は、段ボールを積んでいましたし、それが駄目な場合は、フロアーマット、立ち木ですね。


北海道でも車は交通手段。見世物でも飾り物でもありません。
フロントバンパーも、リアバンパーも、除雪の排雪板代わりです。痛みなど気にせず有効活用。機能あっての手段です。
でも最近の車輛。牽引用のフックも無いんですよね。


「そんなところにワイヤー掛けたら、操舵装置が壊れるだろう」です。






疲れた。


ほどなく走ると、車2台が絡むスリップ事故。電柱も折れて倒れています。
あ~あ高くつくな。保険入っているんだろうな?
電柱、車輛含めて500万円くらいですかね。エンジン潰れていましたものね。


携帯電話で救援を呼んでいますが…………事故の発生地点は、カーブの中。
こちらも巻き込まれるところでした。



「アホ!」「ドアホ!」



後続の車輛が突っ込んで来ないように、2次的事故を発生させないように、事故車輛が路上のあることを知らせる防護処置が先だろうに………………です。


ですからね。フィリピンだけじゃないんですよ。

今は、こんなのが多いんですね。自分しか見えていない。
ちょいと先に発生する近未来が見えていない。
危険予知。危険回避ができない。そんなのばっかりですね。


まっ、雪に突っ込んだ私が偉そうに言える話ではありませんが、突っ込んで来た車輛に跳ねられて「てめー何やってんだ!」って言えてるうちは、いいですがね………………。
おっ死んだら、それも言えない話です。






帰って来てパソコンを見ます。


フィリピン系では、おー久しぶりに現地の独立系日本人事業者が叫んでいます。
ストレスが高まるというのは、仕事に忙殺されている証拠。


「追われるだけ仕事があって良かったね。」です。



仕事が無くて、現地に留まって、楽しいことも無くて集まって、しょぼいことを考えて居るよりも、仕事に追われるのは良いことです。

それでストレス解消出来るなら、大いに叫べです。



それで免疫系、循環器系の疾患で、身体痛めたら日本に帰っておいで、疾病によっては医療費無料で生活保護手当ありです。



でも、良からぬことばかりして係争中のおっちゃんは………………フィリピン幽閉。
帰国も出来ないようでありまする。



「どうだ、ワシはフィリピンに30年住んでいる。うらやましいだろう」

「それって単に、あんたが出国出来ないんじゃないの?」




日本人は、日本にいつでも戻れる環境条件にあるうちが、フィリピン滞在の限度なんだろうね。




「日本人じゃない場合は、どうなる?」

「知らんがな。」
「日本人を日本語でセットアップしたり、ネット物乞いでカネを手に入れるんだろう?」




『いい女いまっせ。安くできまっせ。いい国でっせ。』フィリピンの現地系ネット物乞いの常套句です。




さ、休憩したら………………仕事再開。雪の中出前に行くぞ!































『フィリピンで観光客拉致相次ぐ』

『フィリピン観光中の韓国人が拉致…同胞が現地警察官と組犯行』


いずれもYAHOO!JAPANニュースが報じたものです。

ニュースソースは、中央日報日本語版、朝鮮日報日本語版ですが、 一週間以内に報じられたものですから、 検索されればザクザク記事が出て来ます。




事件の概要は、マニラ観光中の韓国人が帰国前に土産を買おうと、ダイヤモンドホテルを出てマラテのショッピングセンターに向かおうとしていたところ、私服を着た警察官が拳銃を突きつけ、「マリファナ不法所持の容疑で逮捕」を告げ、手錠をかけワゴン車に無理矢理押し込んだ。

コンテナボックス(警察施設?)に連れて行った先で、犯行者は韓国人旅行者のバッグに、白い袋をいれて「警察だ。麻薬所持容疑で逮捕する」と叫んだ。

そこに通訳をかう現地在住の韓国人が登場。現地在住で飲食店を営むこの男の説明で「麻薬所持で逮捕されれば、数年監獄へ収監される」「3000万ウォン払えばうまく解決出来る」として、この韓国人の指定する口座へ韓国人家族から送金させた。入金確認後解放された。というものです。



相変わらず、マラテ、マニラ警察では警察官の絡む犯罪が、継続的に発生しているのですが、今回の事件でが、韓国政府の特異な【事件への対応】を見て置くことが、これからのこれらの事件への対処法として参考に成ると考え、ブログ記事として取り上げました。





このような事件は、日本人が絡む事件としてもシバシバ同管内で発生していると聞きます。
現地在住の邦人?が関係した、同胞?が日本人をセットアップする事件は、あまりにも聞き慣れてしまい驚きさえ覚えないほどです。

警察官(フィリピン人)が犯罪をでっち上げ逮捕 → 通訳(事情通)として日本人登場 → 「カネで解決で来る」カネを要求。 この構造。
韓国人でも、日本人でも同じ構造であることがわかります。





しかし、仕組まれたセットアップ。でっち上げのフレームアップ。事象としてはそうなのですが、韓国側の対応は『金品の詐取事件』そうではなかったのです。

【拉致】として認識し、拉致による【身代金要求】として事態を受け止め、対応したことです。

警察官による特権・権力・暴力を駆使した、警察施設を使った【拉致】【身代金要求】




『現地在住者と組んだ、警察官による同胞の拉致、身代金要求』これが韓国の………おそらくアメリカも、イスラエルも、中国も同じ事態が発生すれば、【拉致】との認識で対応を行うことでしょう。これが現在の国際社会の認識と対応で、自国民救助救援の対応です。



【拉致】されて【身代金】を払って、その関係者に


「大したことが無くて良かったですね。」

「本当にありがとうございました。」


なんてことは、「日本」人的? フィリピン的特殊環境? 常識以外では考えられないことです。






数ヶ月前に同じマラテで、アメリカ人を狙ったマニラ警察官のタカリが発生しました。
おもむろにアメリカ人は懐から身分を証明するものを提示しました。アメリカ大使館関係者を示すものであります。

アメリカ大使館。アメリカ政府のご印籠。「ハハ~失礼しました」と、タカリ警官は逃げて行ったとのことです。




この件では、日本在住の友人と話しをしていたものです。

「アメリカ人なら救出のために、艦砲射撃、戦闘機スクランブル発信。海兵隊特殊部隊投入だね」

「てめーらアメリカと戦う気なら本気でかかってこいだね」

「ハハァ~ アメリカ様 失礼しましたしかないよね」と




イスラエルも然り、マカティのイスラエル大使館の入るビル周辺、マニラのアメリカ大使館付近で、写真を撮影していた旅行者なら経験のかる方もいようと思いますが、周辺でカメラをむけた理由で拘束、取り調べというのは、極々当然のことですから………………これが、テロや拉致に対する通常の国家の危機対応や反応ということですからね。



海外でも自国の国民が危害、危機にあった場合には、まず自国民を救うために対処するというのが国際的通常認識です。そのために大使館はありますし、武官も外交官として配置しているものです。


ところが日本の外務省は、他国の主権………………。自国民が拉致されようが答弁対処は官僚対応。日本の外務省、大使館は、自国民であっても一般平民旅行者のためには重い腰を上げようとはしないものです。




ところが今回の韓国の対応は違っていました。
いや、先程も述べたように違っているのは日本だけで、韓国も、アメリカ、イスラエル…………などの国家と同じような対応を、整然ととりました。




身代金を払って、フィリピン警察官による拘束から解放された韓国人は帰国しました。

そして帰国後被害届をもよりの警察に行います。

そこから警察署 → 外交通商部 → フィリピン当局というルートで、対応と摘発がおこなわれました。


ゆえに、私たち日本人でも、Yahoo!などによって、この事件を知ることになるのですが、外交通商部 → フィリピン政府ですよ。

当然ですが、日本人ならどうでしょう? 日本の警察、外務省ならどうでしょう?




これは、日本の警察や外務省を批判しているのではないのです。


犯罪に対する認識の違い。


【拉致】【身代金要求】としてとらえれば、日本でも少しは対応が変わってくるのではと思った次第です。



日本人で例えると、被害にあった日本人旅行者は、フィリピンで行われる現地日本人と組んだ警察官による犯罪を、「詐欺」の範疇としてとらえるのではなく【拉致】【身代金要求】としてとらえ、帰国後被害届を提出し、最寄りの警察に訴えてみる。


合わせてその認識に立って、拉致被害として警察庁や国家公安委員会、親交のある国会議員に相談して行くという方向です。




韓国のフィリピン経済開発援助としては昨年11月21日、マラカニアンでの両国首脳会談で2年間で5億ドルですからね。
これをはじめ、韓国・フィリピンの経済交流も強めて行く方向で進んでいます。


フィリピンから鶏肉が韓国に。フィリピン警察に韓国警察官長期派遣は今年5月から。
アキノ大統領の新恋人は韓国系アナウンサー。
最後は余談ですが、フィリピン人就労者の再入国に関して韓国政府が規制を緩和や、フィリピンから韓国への就労職種の拡大。などという一連の動きがあります。もっと深まりを増しながら、韓国大統領を先頭に市場の韓比両国相互依存、経済協力が深まって行きます。




日本も経済援助はやっていますが、フィリピンでの犯罪への対処はこれまでの通りでした。



これからはこのような事件に巻き込まれた場合は、【拉致】【身代金】として訴えてみる。相談してみる。マスコミやインターネットで【拉致】【身代金】要求の現実を訴えるですね。

北朝鮮の【拉致】と同じような捜査や摘発を求めて、帰国後に動いてみることですね。

ちなみに日本からの警察官の派遣は、2名でしたっけ。





フィリピン・マニラはこれから選挙の時期でもあります。

選挙の時期はそれぞれの陣営から、コネを謳いたい人へはむしんが起こるんですよね。
カネが沢山ある人は、むしんに応えることはできるのですが、カネがないのにコネを謳う人は、【拉致】【身代金】に頼るしか無い。

これから近々の先に、日本人もマラテ、マニラ周辺では犯罪に巻き込まれる可能性が高まるとする、根拠です。

そして、対象と成る日本人旅行者減少の昨今では、現地在住の日本人企業(個人事業者)へ、その方向が移る可能性も拡大してます。




中国人旅行者バスジャック。旅行者の手抜き救出劇の末の、もと警察官である犯人も含めた多数者死亡。

2011年8月23日のマニラの中国人バスジャック事件以降も、マラテ周辺もマニラ警察署管内も、安全な状況は造られていません。

バスジャック犯人が言った「俺だけじゃないだろう。(市民、外国人からタカル、くすねるというのは)システムだろう」の、体質として染み付いた警察のシステムです。


昨年も「マラテの安全」を誰かうそぶくことをよそに、一周年の追悼式の翌日には、事件の本質である現職警官による犯罪への処罰、解雇の逆恨みバスジャック事件を顧みることもなく、単なるセレモニーに終わったパレードの裏で、公然と現職警察官による日本人のパスポート強奪、金銭要求が行われたのです。

時期が時期だけに、国内外に与える影響が大きいと判断したフィリピン国家警察は、謝罪と示談という幕引きが行われました。





そんなこったで、今後はセットアップ=詐欺被害としてではなく、このような事態に遭遇された方は【拉致】【身代金】として、日本警察に相談、捜査をお願いされてはいかがでしょうか。

とにかく事件に遭遇された場合は、拉致発生から身代金受け渡しまでの関係者名を含めた、被害届を帰国後に出すことでしょう。

声を出せば、行動すれば、動く山もあるものです。




今、フィリピン・マニラ・マラテで起きてることは、国籍に関わらず「詐欺」ではなく、【拉致】【身代金要求】です。

あらためてそう考えさせてくれた、韓国政府の対応でした。






















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。